MENU
無料プレゼント

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

↓↓


※Gmailかヤフーメール以外は受け付けていません。
徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

サイクリング初心者が東京から箱根まで自転車(ロードバイク)で行った話

どうも、光成です。

先日、ふと、

光成

自転車で名古屋まで行ってみたい!
やってみたい!

と、思ったので彼女と行くことにしました。

が、彼女の仕事の関係で名古屋は行けなかったので、
箱根まで彼女と2人で自転車で行くことに。

その距離、大体100キロです。笑

今回は、実際にチャリで箱根まで行った話をしていきますね。

目次

サイクリング初心者が東京から箱根まで自転車(ロードバイク)で行った話

東京から国道246号線で神奈川へひたすら真っすぐ

まずは出発する前に写真をパシャリ。

奥のロードバイクが僕の自転車で、
手前のクロスバイクが彼女の自転車です。

まずは、箱根の方に行くには246号線をひたすら真っすぐとのことだったので、
自転車を走らせ渋谷の方に向かって漕ぎ出しました。

246号線は早い話、六本木通りです。
六本木通りをひたすら世田谷の方に向かって行けば、
神奈川に入る事ができます。

ちなみに、後で調べて知ったのですが、246号線は道が悪く、チャリで走るには不向きらしいです。
(確かに道は凄く悪くてパンクするかと思いました)どうやら「1号線」なる道を通るのがオススメみたいなので、
実際に走る時は1号線を走ることをオススメします。

246号線をひたすら走り、下北を超え、
二子玉川まで爆走しました。

普通に車道を走ってると、
トラックがびゅんびゅん通るので、
轢かれてしまうのではないかと怖かったです。

途中で朝マックに寄ったりしましたが、
自転車を漕いで疲れてるからか、いつもよりうまかったです。笑

246をひたすら真っすぐ進むだけで海老名につきます。
写真は海老名で渡った橋から見える景色。
ガードレールの内側なら車も怖くないです。

ずーっと真っ直ぐ走るだけですが、
基本的に坂が多くて、登ったり下ったりの繰り返しでした。

また、幸せな時間は短いもので、
登る時間は長いのですが、下る時間は一瞬でした。笑
(スピードが違うので当然ですが)

途中、僕でも登れないような坂があったりするので、
傾斜が急な坂は押して行くのがオススメです。

海老名の門沢橋から見える景色

見えづらいですが、川は透き通っていて非常に綺麗です。

また、写っていないですが、右下にはおじいちゃんが釣りもしていました。
魚も沢山住んでいるんでしょうね。

白い鳥もいました。
名前は忘れましたけど。

ここまでで、大体4,5時間くらい経っていました。
(朝6時位に出発しています)

厚木から平塚方面がめちゃくちゃしんどい

海老名を超えて厚木に入り、平塚方面に向かいます。

ルートで言うとこの道。

この道が今回、一番しんどかったかも知れません。

大体12時〜13時くらいだったので日光がガッツリ当たって体力を奪ってきますし、
工業地帯でトラックがビュンビュン走ってるわけです。
おまけに、道がガタガタなので腕がめちゃくちゃ疲れるんです。

注意!

自転車を漕ぐと足がキツイと思われがちですが、
意外と足はキツかったり痛くなったりはしません。
もっとキツかったのは体を支える腕でした。道がガタガタしてると腕が痛くなりますし、
手のひらも赤くなるのでグローブ必須です。
ロードバイク乗ってる人が、皆グローブしてる意味がわかりました。
本当に痛いので注意してください。後お尻も痛いです。

途中、ローソンがあったので休憩して飯も食べました

なんとなく糖分を取りたかったので甘いものを摂取し、
1時間ほど休んで再度出発。

この道を通る人はトラックも多いので気をつけてくださいね。



平塚市内に入るまでは道も悪いので注意です。

逆に、平塚市内に入ってしまえば走りやすいです。

平塚から大磯の海沿いをサイクリング

平塚の駅前まで着いたら、少し頑張れば海沿いを走ることになります。

地図で言うとここです。

海沿いを自転車で走りたかった僕は歓喜しました。笑

近々鎌倉の方に引っ越す予定なのですが、
海沿いを自転車で走って気持ちよくなりたかったんですよね。笑

イメージで言うと、スラムダンクのような感じです。

これを完全にできると思っていました。
(引っ越しも予定ではこの辺に行ける所です。多分)

こんなの気持ちよくないわけがないですよね?
ワクワクしない人は非国民だと言っても良いくらいです。

そんなワクワクした気持ちで海沿いに向かって力強くペダルを踏み込みました。

しかし…非常にも、海は僕を裏切ってきました。

海沿いの道はあるんですが、車だけが通れる有料道路なので自転車は通れず…。

結局、海が全然見えない場所を走るしかなく、
悲しみに明け暮れながら自転車を必死に漕ぐことになりました。

まぁ、海が見える場所はあったのでよかったですけどね。

大磯のビーチ。

沖縄に行った後だったのでキレイに感じませんでした。笑

小田原に向かう途中の橋から見えた場所。

ここまでで、大体8時間〜9時間ほどで、
夕方の15時程でした。

小田原に到着し箱根に向かおうとするも…

大磯の道を自転車を漕ぎながら走り続け1時間ほどし、
小田原にたどり着く事ができました。

今回、僕と彼女が泊まる宿は箱根湯本にあるので、
小田原に着いてからもう少しだけ頑張りたかったのですが…
ここに来て、彼女がダウン。

まぁ、10時間ほど自転車を漕ぎ続けていますし、
直射日光も浴び続けてるので、体力が完全に切れました。

なので、今回は小田原で諦め、
箱根湯本まで電車で移動です。笑
(後で様子を聞いてたら熱中症ぽかったです。)

自転車で来たことをTwitterでつぶやいたら、
意外と多くの方から反響もいただけて嬉しかったです。

小田原城が近いからか、風情溢れる街の感じをしていました。

東京から小田原城まで大体以下の通りです。

出発地:東京
距離;グーグルマップで93キロ
時間:約10時間ほど(休憩2時間〜3時間)
ルート:国道246号線→1号線
自転車のパンクなどは特になし

光成

普段自転車に乗り慣れてない人でも男性なら
誰でも簡単に小田原(箱根)まで行けると思います。女性の場合は体力的にもしかしたら厳しいかも。
究極に尻が痛くなるので、クッション的な椅子やタオル、
手のひらを守るグローブなどを用意するのがオススメです。後、日焼けするので日焼け止めも必須です。

箱根湯本で一泊

小田原から電車で箱根湯本の旅館へ。

電車めちゃくちゃ楽ですね。笑

写真取り忘れましたが、
疲れた体を温泉で癒やしました。

温泉はこんな感じで、露天風呂中心のお風呂と、
ただ広いだけのお風呂と2種類ありました。

「箱根の森おかだ」という温泉なので行ってみてください。

注意

バスじゃないといけないくらい標高の高い場所にあるのですが、
スタッフがバス乗り場をしっかり説明してくれない場合があるので、
バスで来てる方はちゃんとスタッフに聞いた方がいいです。乗り遅れます。

ここのとろろそば人生で1番美味しかったので、
是非食べに行ってみてください。

「はつ花」というお店ですが、100年ほど前からあるみたいです。
凄すぎます。

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

↓↓


※Gmailかヤフーメール以外は受け付けていません。
徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

気軽にコメントしてください!

コメントする

目次