MENU
無料プレゼント

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

↓↓


※Gmailかヤフーメール以外は受け付けていません。
徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

THETHORで導入するべきオススメプラグイン5つと不要なプラグインまとめ

どうも、光成です。

初心者

THETHORはプラグインが減らせると聞くけど、
実際どれくらいプラグインが減るのか?
プラグインは何を使った方が良いのかわからない

と、思っているのではないでしょうか?

プラグインはサイトの表示速度にも関わるので、
減らせるなら出来るだけ減らしたいですよね。

僕も同じように思ってTHETHORを購入したのですが、
THETHORに変えてから10個近くあったプラグインが
今では5個まで減りました。

ここまでプラグインを減らせるテーマは
無いんじゃないかなと思います。

ただ、実際に入れてはいけないプラグインと
入れるべきプラグインが初心者にはわからないと思うので、
今回は、僕が実際に入れるべきだと思っているプラグインと
不要なプラグインをしっかり話していきます。

ぜひ、参考にしてください。

目次

THETHORで導入するべきオススメプラグイン5つ

僕が実際に自分で導入していて
オススメするプラグインはこちらになります。

オススメプラグイン
  • Autoptimize
  • Classic Editor
  • EWWW Image Optimizer
  • Google XML Sitemaps
  • SiteGuard WP Plugin

このプラグインになりますね。

これだけ入れておけば問題ないと思います。

1つずつ解説していきますね。

Autoptimize

Autoptimizeはサイトのスピードを早くするためのプラグインなのですが、
恐らく、僕と同じように入れてる人はかなり少ないと思います。

というのも、そもそもTHETHORには
サイト高速化機能があるので入れる必要がなくなるからです。

実際、Autoptimizeと同じことをTHETHORの
標準機能で行う事ができます。

初心者

じゃあなんで入れてるんだ!?

と、思うと思いますが、
実は、THETHORの機能より
プラグインで対応したほうが数値がよくなったからです。

実際、ページスピードインサイトにて、
こういう結果になりました。

大分点数が違いますよね?

これはプラグインにて対応したからというのが
少なからずあると思います。

なので、僕はAutoptimizeを入れています。

近々設定方法は記事にしますので
楽しみにしていてください。

Classic Editor

THETHORのデメリットの一つがブロックエデュターに対応していないことです。

最近だと「SWELL」などを始め、
ブロックエデュターに対応してるテーマも増えてるらしいですが、
残念ながらTHETHORは対応していないです。

なので、Classic Editorを入れる必要があります。

また、THETHORで使えるパーツなどは、
Classic Editorでないと全て使えないみたいです。

上記のパーツがClassic Editorでないと使えないので、
THETHORでブログを運営するなら必須ツールです。

ちなみに、色々な所で2022年はブロックエデュターしか
サポートが対応されないと言われているのですが、
実際はClassic Editorのままでも問題ないみたいですよ。

THETHORのサポートで質問させてもらったら
こんな回答をもらいましたので参考にしてください。

なので、Classic Editorが使えないからTHETHORを
購入するのはやめようと思っていた方は安心してもらえればと思います。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは画像を圧縮しサイズを小さくしてくれるプラグインになります。

ブログの運営をしていると少しずつ表示速度が遅くなり、
SEO的にもマイナスなことが起きるのですが、
表示速度が遅くなる原因の9割は”画像”であります。

画像のサイズがでかいので少しずつ重くなるんですよね。
なので、毎回圧縮するためにEWWW Image Optimizerを使うのです。

非常に便利なプラグインなので、
これは必ず入れておきましょう。

Google XML Sitemaps

WordPressでブログを運営するようになったら
当然、検索結果の上位に自分の記事を表示させたいですよね?

しかし、グーグルに自分のコンテンツを認知してもらわないと
検索結果の上位に表示してもらうことは出来ません。

なので、コンテンツを作る度に自動でグーグルに認知してもらうために
Google XML Sitemapsを使います。

これはTHETHORに限らず大切なことなので、
必ず入れておきましょう。

このプラグインを入れないと検索結果の上位に
自分の記事が表示されることはないと思ってもらってOKです。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginは自分のブログを守るためのセキュリティプラグインです。

通常、何もセキュリティ系のプラグインを入れないと
スパムのようなコメントが沢山くるのですが、
SiteGuard WP Pluginだけ入れておけば2度とスパムに悩まされなくなります。

僕自身、このプラグインはずっと使っていますし、
必ず新規のサイトでも入れるようにしていますが、
今までスパムに悩まされたことはありませんので
必須のプラグインと言えますね。

初心者

でも、THETHORと相性が悪いんじゃないの?

と、思うかも知れませんが、
僕は実際に使っていて不具合が起きることはないです。

また、色々なサイトで不具合が出るとか、
THETHORの会員フォーミュラで入れない方がいいと言われていると
レビュー記事で書いている人がいますが、
実際にフォーミュラ内でそんな意見を見たことがないんですよね。

実際に下記はTHETHORのマニュアルですが、
相性が悪いとは書かれていません。

他にも、僕と同じように使っているけど
1度も不具合が出たことはないという方もいます。

なので「SiteGuard WP Plugin」に関しては、
普通に使えばいいと思いますし、僕は使いますね。

THETHORでおすすめ出来ない不要なプラグイン

THETHORを使う上でおすすめしないプラグインも存在していて、
これは公式からおすすめしないと言われてるものになるので、
今から話すプラグインは基本的に入れないようにしましょう。

不要なプラグイン
  • キャッシュ系プラグイン
  • SEO対策系プラグイン
  • お問い合わせフォーム設置プラグイン
  • 目次設置プラグイン
  • SNSボタン設置プラグイン
  • HTMLサイトマップ設置プラグイン
  • 関連記事プラグイン

こちらのプラグインは基本的に入れないで大丈夫ですね。

キャッシュ系プラグイン

既にTHETHORはサイト高速化が
万全にされていますので、
基本的には入れないで大丈夫です。

まぁ、Autoptimizeのような例外もありますが、
基本的には入れてしまうことで逆に遅くなるみたいなので、
キャッシュ系のプラグインは入れないようにしましょう。

具体的には

  • WP Super Cache
  • WP Fastest Cache

などはいらないみたいです。

もし、高速化させたいのであれば、
別の記事で詳しく書くつもりですが、
「グーグルフォント読み込み」をオフにすればいいですよ。

グーグルフォントの読み込みがサイトの読み込みを
かなり遅くしてるみたいなので、
読み込み機能をオフにして使ってみてください。

SEO対策系プラグイン

THETHORに限った話ではないのですが、
基本的に最近のテーマはしっかりとSEO対策がされてるので、
SEO対策の為のプラグインを入れることで逆効果になってしまうことがよくあります。

なので、基本的にSEO対策系のプラグインは入れる必要がないですし、
THETHORの中でしっかり対策出来てるので、
そのままにするのが1番ですね。

公式からもSEO対策系のプラグインを入れることで
バッティングする事があると言われてるので、
SEO対策系のプラグインは避けるようにしてください。

お問い合わせフォーム設置プラグイン

THETHORは標準の機能で
お問い合わせフォームを設置することが出来る
機能が備わっているんですよね。

固定ページから標準機能でお問い合わせフォームは作れるので、
わざわざプラグインを入れる必要はありません。

目次設置プラグイン

目次を設置するのに「Table of Contents Plus」などを使う人は多いですし、
僕も以前は使っていましたが、THETHORを使えば目次機能も
標準装備で入っているので使う必要がありません。

なので、目次設置のプラグインも不要になります。

SNS設置ボタン系プラグイン

SNSボタンを設置するプラグインですが、
こちらもTHETHORの標準機能で設置出来るので、
プラグインを入れる必要がありませんね。

ちなみに、僕はこういったボタンにしています。

他にもボタンのデザインは選べるので、
好きなボタンを出すといいと思いますね。

HTMLサイトマップ設置プラグイン

HTMLサイトマップというのは記事一覧のことだと思って下さい。

「PS auto sitemap」を使って記事一覧を作っている人も多いと思いますが、
こちらもTHETHORの標準機能で使えるようになっています。

読者がひと目で全記事一覧を見れる機能なので使いたい人が多い機能ですね。

関連記事プラグイン

記事の1番下に関連記事を表示させたくて
プラグインを使ってる人も多いと思いますが、
こちらもTHETHORの標準機能であるので不要なプラグインになります。

THETHOR公式から相性が悪いと言われるプラグイン

THETHORの公式のマニュアルの中で下記のプラグインは
不具合が起きることもあると言われてるので避けてください。

  • TinyMCE Advanced
  • Jetpack
  • WooCommerce

TinyMCE Advancedは使っている人もいるかもしれませんが、
今すぐプラグインを無効化しましょう。

最後に

今回は導入するべきプラグインと不要なプラグインを紹介しました。

THETHORはプラグインが少なく済み、
読み込み速度などもプラグインの影響で遅くなったり、
プラグインの影響でエラーが起きたりなどがないので
非常に重宝しているテーマになります。

僕なんて5つですからね。
前は10個以上入っていました。

それほど少なくなるので、
ぜひ、今回の記事を参考にしてください。

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

↓↓


※Gmailかヤフーメール以外は受け付けていません。
徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

気軽にコメントしてください!

コメントする

目次