MENU
無料プレゼント

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

↓↓


※Gmailかヤフーメール以外は受け付けていません。
徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

竹之内教博社長の「無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語」要約レビュー

どうも、光成です。

先日、「竹之内教博」さんの出版した書籍、
「無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語」を読んでみました。

結論から言うと

「ビジネスをこれから行おうと思っている人は特に読むべき」

そんな本だと思いましたし、
僕に足りない部分も非常に学べる本でした。

特に、「好きなことだけで稼げる」とネットビジネスに
悪い”勘違い”を起こしてる人ほど読んだ方がいいと思います。

また、これからビジネスを始める上で、
「最短で結果を出したい」と思っている人は、
竹之内社長の考え方を絶対に知っておくべきです。

個人的に本当に面白く、学びになる本だったので
「無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語」の要約レビューをしていきますね。

目次

竹之内教博社長のプロフィール

そもそも「竹之内教博さんって誰?」って人もいると思うので、
軽く紹介すると、「2980円で1時間全身もみほぐし-りらくる」という
リラクゼーションのサービスを31歳に始めて全国600店舗まで拡大した凄すぎる経営者の方です。

実は運送やっていた頃にりらくるに営業したことがあったので、
「え?ここの会社を経営していたのが竹之内さんだったの!?」と
個人的にびっくりしました。笑

現在は、りらくるを270億で売却し、
飲食店、レンタルスペース、キャバクラ運営などの事業を起こしています。

と…今では凄い実績を出していますが、元々は普通の人間だと
竹之内社長自身が言っていて、

「高校時代は不登校」
「大学は4ヶ月で中退」

という経験も経ているみたいです。

そう考えると学歴とかって本当に関係ないですよね。

そんな竹之内社長が普段から言ってることが、

「非常識なことをすれば成功する」

ということです。

「神田昌典」さんという日本を代表するマーケターの本で、
「非常識な成功法則」という本があるのですが、
竹之内社長自身、この本に影響を受けたことで非常識なことをするようになったみたいです。

youtubeチャンネルも非常識な成功法則という名前で運営していますね。

ちなみに、僕も神田昌典さんを尊敬していて、
書籍も色々読ませていただいていたので
竹之内社長のチャンネルを見た瞬間に興味を持ったという感じです。

現在は、事業を行いつつ、豪邸を作り、
家族サービスも忘れずに生活してるみたいです。

ちなみに、youtubeは見てもらえればわかりますが、
めちゃくちゃ本質的で、見た瞬間で僕はファンになりました。

経営の考え方がとにかく本質的で
ネットビジネスにも応用することが出来るので、
絶対に見ておいたほうがいいですよ。

個人的におすすめなのはこれ。

結論を言うと「徹底的に成功してる人、事業をパクれ」とのことですが、
これは僕もよく言うことです。

少し具体的な僕のパクり方を出すと、
「Amazonで長く売れている本のコンセプト」
僕はパクったりしますね。

後は、他ジャンルで売れてる人のやり方を
自分の発信ジャンルに持ってきたりですね。

こんな感じで、僕も既に出来上がってるものをパクってるのですが、
竹之内社長の動画で話してることを聞いて、

光成

自分はまだまだ足りてなかった…

と、思えたほどなので1度見てみるといいですよ。

特に、これからビジネスを始める人は絶対見た方がいいです。
当たり前のことを言ってるようで9割の人が出来てないことです。

「無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語」要約レビュー

というわけで、ここから竹之内社長の書籍、
「無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語」の
要約とレビューを話していきますね。

この書籍では、竹之内社長の送ってきた人生とともに、
こんなことが話されてます。

無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語」要約
  1. 既に成功してるビジネスモデルを徹底的にパクる
  2. ビジネスを始める時はスモールスタート
  3. 徹底的に「利益」の追求
  4. やりたいことではなく儲かることをやる
  5. 仕組み化の徹底

他にも沢山の経営に役立つことを話されていますが、
特に印象深かったのがこちらです。

1つずつ詳しく話していきますね。

既に成功してるビジネスモデルをパクる

竹之内社長がよく言っているのですが、
この書籍でも「既に成功してるビジネスモデルをパクるべき」という話をしています。

というのも、既に成功してるビジネスをパクる方が
圧倒的に稼ぐのが簡単になるからです。

逆に、自分のアイデアなんてものは
当てにしてはいけないとも話しています。

なぜなら、自分のアイデアは革新的なアイデアではなく、
既に誰かがやっているか、成功しないから誰もやっていないものだからです。

実際、竹之内社長も、りらくるを作る時に
既にあったサービスのアイデアをパクって作ったことで、
どんどんりらくるを大きくしていきました。

パクる時も表面だけをパクるだけでなく、
参考にしたマッサージ店を徹底的に参考にし、
情報を集めてマネ出来るところを徹底的にマネをしたらしいのです。

それこそ、「客層」「客数」「セラピストの人数」「混み合う時間帯」など、
そういった情報まで集めてマネをしていったみたいなのです。

このように、既にうまくいってるビジネスモデルを
徹底的にパクることでビジネスは安定するということが話されています。

僕自身、竹之内社長の徹底的なパクり方、
情報の集め方を知った時に、

光成

自分は正しくパクれてなかった

と、思えるほど衝撃的な話でしたね。

ビジネスを始める時は必ずスモールスタート

竹之内社長はりらくるをスタートした時に、
大型店舗ではなく小さな店舗から始めたみたいです。

内装は全て手作りで、備品も中古で、
看板も竹之内社長自身がデザインしたみたいです。

そして、100万以内でビジネスをスタートしたとのことです。

竹之内社長は、まずは売れているものはなにか?を知り、
スモールスタートして黒字になるかをテストすることが重要だと話されています。

また、「とにかくスタートする」ことから始めると話しているのです。

スタートしなければいつまでも始まらないし、
完璧さを求めるといつまでもスタート出来ません。

だから、まず始めるのが大事ということです。

その時に当然失敗する時もあるので、
お金を掛けずに小さくスタートするとのことでした。

この点に関しても非常に共感したのですが、
僕も、失敗したくないのでスモールスタートでビジネスを始めます。

だからこそ、僕はネットビジネスで
経費をほとんど掛けずにスタートするのです。

月1万円以下の金額で、すぐにスタートできるので、
失敗しようがノーダメージです。

なので、ビジネスを作り放題になります。

ビジネスを始めるのにリスクを取る必要はないので、
まずはスモールスタートで始めましょう。

ちなみに、ネットビジネスなら月1万もせずに
ビジネスをスタートすることができるので、
僕はオフラインの実業をする前にオンラインビジネスをおすすめしています。

勿論、スモールスタートできるからです。

気になる方は、僕がAmazonで1200円で発売してる電子書籍、
「幸せな経済自由人への片道切符」を読んでみてもらえればと思います。

僕がどうやって知識も経験も人脈もない状態から
ネットで稼げる様になったのかを話しています。

徹底的に利益の追求

ネットビジネスを始める人にも多いのですが、
ビジネスを始めるのに「高尚な理念」が必要だと勘違いしてる人がたまにいます。

が、竹之内社長は「経営者は理念より徹底的な利益の追求だけでいい」と言っています。

さっきから同じことを言ってる感じになりますが、
「わかる〜〜」と何度も首を縦に振りました。笑

よく、高尚な理念を持ってビジネスに取り組む人がいますし、
そういう理念がないとダメだと思ってる人がいるのですが、
僕は一切いらないと思っています。

最初は「金がほしい」という素直な欲求で始めればいいと思いますし、
お金を得るためにも安定した利益を得るためにも
会社を潰さない為にも「利益」を追求して行くべきだと思います。

逆を言えば、利益を出せないビジネスなら辞めた方がいいのです。

なぜなら、赤字なのですから続ける意味がないからです。

それに、利益を追求することこそで結果的に
お客さんのためにもなりますからね。

ビジネスを始めるなら、
常に「利益」を徹底的に追い続けるようにしましょう。

やりたいことではなく儲かることをやる

よく、「これは自分のやりたいことじゃないとできない」という人がいますが、
そういうことを言ってる人ほど1円も稼げずに撤退する人が多いです。

逆に、儲かることに取り組む人は
どんどん稼げるようになるので、
お金に困らなくなります。

特にネットビジネス系は前者が多いですね。

実際、本書で語られていますが、
竹之内社長も「好きなことを仕事にしたことがない」と言っていて、
儲かることだけを追求して仕事をしていると話しています。

お客様のためにと言って、利益を出すことを優先しなければ、
結局会社を潰すことにな繋がるからです。

この考えも、僕に足りない部分でした。

書籍を読んだ後、僕はやる気のなかったナンパ系のメディアを
利益を出すための事業の1つとして捉えるようになりました。

今まで「やりたいかやりたくないか」で判断して
運営してなかったメディアを「儲かるか儲からないか?」で判断し、
運営するようにしたのです。

そのおかげで、殆ど放置ではありますが、
1度作った仕組みから今も利益を生み出す事ができています。

この考え方も非常に大事なので、
ビジネスをする人は常に「儲かるかどうか」だけを
意識するべきだと本当に思います。

今では僕も儲かることしかやらないと決めています。

仕組み化の徹底

ビジネスでは仕組み化をすることが重要だと話されていて、
この仕組み化を行ったことこそが多店舗展開を成功した要点だと話しています。

具体的に何をしたのかというと、
竹之内社長が美容師時代、シャンプーの後のタオルの色を変えて、
営業をした場合は黒のターバンを巻いて、
営業しなかった場合は白のターバンを巻く決まりにしたみたいなのです。

こうすると、周りに営業してないと思われることを回避するため、
皆声をかけるようになったみたいなのです。
(プロスペクト理論を上手に使ってます)

このように、利益を追求するために誰でも行動出来るような
仕組みを作ってりらくるは多店舗展開をしたとのことです。

天才かと思いました。笑

しかし…仕組み化と聞くと大きな勘違いをする人がいます。
それが、何でもかんでも最初から人に任せてしまうことです。

これはネットビジネス系でもいますが、
そういう人を見ると、いつも間違ってるなーと僕も思っていました。

そして、竹之内社長は何でもかんでも
人に任せればいいということではないと話しています。

どういうことかというと、
まずは、「自分でやってみる」ことから始めて、
仕組み化できることを見つけてから仕組み化するということなのです。

多くの人は最初から他人に任せる人がいますが、
まずは自分で経験しないと何を仕組み化するべきなのか?
失敗した時の対処法がわからなくなります。

だから、なんでも仕組み化するのではなくて、
まずは自分で取り組んでみてから仕組み化することが大事です。

竹之内社長の無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語を読んだ感想

今回、竹之内社長の書籍を読んでレビューしてきましたが、
この書籍は非常に勉強になる内容ばかりで、
僕自身、非常に学ばせて頂いたと思っています。

が…1つだけ気になった所があるんですよね。

それが、「スモールスタート」の部分です。

書籍ではスモールスタートで100万以内と話されてるのですが、
僕からすると「たけえ…」なんですよね。笑

勿論、オフラインの実業の中では当たり前の価格かもしれませんが、
インターネットが使える時代に100万も使って
素人がマーケティングの知識0でビジネスを始めるのはリスキーだと思うのです。

僕からしたら、インターネットを使えば十分起業して稼ぐ事ができるし、
月々1000円から始めることができるのです。

実際、ネットマーケティングの世界では、

「Twitterの集客で数千万の利益」
「youtube集客で数億円の利益」

を出すような人もいますし、
僕自身、ブログ・youtube・Twitterから集客して
月収100万以上稼ぐこともできるようになっています。

なので、竹之内社長の本を教科書に
ネットマーケティングで実践する方のが
僕は賢いビジネスの始め方だと思っています。

最高のテストができますからね。

なので、いきなりオフラインのビジネスを始めるのではなくて、
まずはネット上で「人を集めてモノを売る」ということから
始めて見ることがおすすめなので、
そちらからリスク0で始めてみてください。

ただ、ビジネスで成功する為の必要な思考を学べるので、
必ずこの本は読んでおくことをおすすめしますよ!

楽天ブックス
¥1,540 (2022/08/26 20:30時点 | 楽天市場調べ)

最後に

今回は、竹之内社長の「無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語」に要約レビューをしてきました。

これからビジネスを始める人や、
ネットビジネスで好きなことをして稼ぎたいとか
間違ったマインドを持ってる人は特に読むべき本なので、
ぜひ、手に入れて読んでみてください。

本当にいつもyoutube見てるのですが、
凄く勉強になるので、今後も勉強していきます。

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

↓↓


※Gmailかヤフーメール以外は受け付けていません。
徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

気軽にコメントしてください!

コメントする

目次