お?となるオススメ本

【書評】与沢翼のブチ抜く力の要約と感想レビュー!今すぐ1つの事に魂を売れ!

どうも、光成です。

 

人生生きていたら、平凡な人生ではなく、
誰よりも結果を出して、誰もが考えられないような生活をしたいと思った事があると思います。

周りよりぶち抜いた結果を出したいと
思ったことが誰でも一度はあるでしょう。

今日は、そんな圧倒的な結果を出してきた、
「与沢翼」さんの本である「ブチ抜く力」について話していきますね。

 

これからビジネスだったり、他のことでもなんでも、
圧倒的な結果を出したいと思っている人は必ず読むべき本になります。

 

与沢翼さんとは?

中々知らない人もいないと思いますが、
一応軽く説明しておくと、
与沢翼さんは実業家の方ですね。

で、昔は「秒速で1億稼ぐ男」とかも言われていました。

当時は「凄い人だなー」と同時に、
「なんか嫌なやつだな〜」って印象がありましたね。笑

経歴があったので引用してきました。

与沢 翼(よざわ つばさ、1982年(昭和57年)11月11日 – )は、日本の実業家、投資家。ドバイ在住[3]。早稲田大学社会科学部卒業[1]。ネオヒルズ族を自称していた[4]。株式会社YOZAWA TSUBASA Holdings、株式会社フリーエージェントスタイルホールディングス[4][5]、株式会社All of me(オールオブミー)代表取締役社長[6]

  • 1982年11月 – 埼玉県秩父市に生まれる[7]
  • 2005年10月 – 東大起業サークルTNK・CREW(クルー)を設立し、代表に就任。
  • 2006年3月 – アパレルのネット通販会社・Es Luxoure(エスラグジュール)株式会社を設立する[8]
  • 2006年4月 – メンズファッションの通販サイト・CRAZEクレイズを設立。2008年7月のmen’s egg公式OUTLETサイト開設を経て、2009年9月には渋谷109-2に実店舗「egg tore」を出店。翌年にかけて7店舗展開するが、2010年6月までに渋谷店と通販サイトのみを残し閉店。
  • 2010年9月 – アフィリエイト会社・株式会社Rajuri(後のフリーエージェントスタイルホールディングスの前身)を創業。
  • 2011年8月 – エスラグジュール社が4000万の負債を抱え倒産[9]
  • 2013年11月22日、専任ドライバーへの暴行容疑で警視庁により書類送検[5]
  • 2014年4月26日、自身のFacebookで「資金が完全にショートした」とし、フリーエージェントスタイルホールディングスが破綻状態にあることを明らかにした。ただし、事業は継続し残債を全て支払うとしている[10]。一方で、破産で注目度が増し、ヤフーランキングや公式ブログのアクセス数が急上昇した[11]。与沢のブログは一時アメーバブログのアクセス数の総合1位となった[12]
  • 2014年12月10日、同年9月25日産業廃棄物業者に処分を依頼した自著書籍やDVDなどおよそ6トン分の、処理代金を支払っていないことが報道された[13]
  • 2014年12月11日、自身のブログでシンガポール就労ビザを取得し移住したことを告白した[14][15]
  • 2015年、シンガポールにおいてデイトレードを行う[16]
  • 2016年7月、モデルの相原麻美と結婚し、相原が妊娠しており、12月に出産予定であるとブログで公表した[17]
  • 2016年11月、日刊SPAのインタビューに答え、シンガポールからドバイに移住したことを述べた[3]
  • 2016年12月27日、3,535グラムの男子誕生をドバイからTwitter等で報告した[18][19]
  • 2020年3月、自宅であったブルジュ・ハリファを賃貸に出し、パークウェイビスタに自宅を移すことを発表。

引用元:Wikipedia

ウィキペディアから拾ってきたのですが、
やっぱり凄い経歴ですね。笑

 

しかし、ある日、急に姿を消しました。

あれだけテレビに出ていたのに、
急に見なくなったのです。

まぁ、別に1ミリも気にはしてなかったんですが。笑

 

が、ある日Twitterで僕は与沢翼さんを見つけたのです。

そう、奥さんのパンティをTwitterに晒す与沢翼さんを。笑

ただただおもろいと思いました。笑

当然、それを見た僕は「秒速」で好きになりましたね。
(そういうマーケティング?笑)

そして、現在は海外に住んでいて、
投資で金を稼ぎながら家族でゆっくり暮らしているみたいです。

 

与沢翼さんのブチ抜く力の要約・内容

実際に与沢翼さんのブチ抜く力の内容と要約を話していきますね。

どんな感じの内容なのかわかってもらえると思います。

目次はこうなっています。

  • 第一章:全ての根底にある大原則
  • 第二章:誰とも群れるな。誰とも組まず突っ走れ
  • 第三章:勝負はチャンスが来る前から決まっている
  • 第四章:一日一日を全力で。その積み重ねが大きな結果に繋がる
  • 第五章:情報収集も3週間。「1人突っ込み」を繰り返し、センターピンを捕まえろ
  • 第六章:これからの世界で起きることを予測し逆算して今から動こう

1つずつ話していきますね。

 

第一章:全ての根底にある大原則

この章では与沢翼さんが結果を出す為に大切にしている根底の思考を学べるようになっています。

それが、「たった1つのことに魂を売る」ということです。

「もこれ以上はやりたくない…やりきった…もう出来ない」

と、言えるほど行動してやり切るということです。

 

この「ブチ抜くまでやりきる」という与沢翼さんが
実際に挑戦してきた経験から学べるようになっています。

そして、本当に物事はシンプルで、
やれば出来るということを教えてもらえますね。

与沢翼さんが特別なのではなく、
彼が圧倒的な努力をしてきただけというのがわかると思います。

 

特にわかりやすい例が出てくるのが、
飛行機を例えに出した例ですね。

飛行機は離陸が1番パワーを使うらしく、
離陸した後はそんなに力を使わなくても目的地に着くんですね。

それと同じで、何かで結果を出すと決めたら、
1番大変なのは離陸である「飛び立つ部分」であり、
1回飛んでしまえば後は楽という話をしています。

ここはめちゃくちゃわかりやすいので、
ぜひ読んでみてほしい所です。

ブチ抜く為に物凄く重要な部分になるのではないかと思います。

 

第二章:人と群れるな。誰とも組まずに突っ走れ

この章では誰とも群れずに1人で行動することの重要性を話しています。

例えば、友人やビジネスの仲間は勿論、
会社などにも依存せずに独立しろという話をしています。

なぜなら、何かに依存することが1番のリスクだからです。

会社、他者への依存度を下げるべき理由を話しています。

 

ちなみに、あなたが会社員として働いているのであれば、
1つ質問なんですが、

「今の会社に入ったのはなぜですか?」

と、聞かれた時に答えられるでしょうか?

与沢翼さんは、この質問に即答出来ないなら、
今の状態は非常に危険だと思った方がいいと言っています。

もし、あなたがこの質問に即答出来ないなら、
この章は必ず読んだ方がいいですね。

 

第三章:勝負はチャンスが来る前から決まっている

「もし自由に使えお金が10億円あったら、何に使いますか?」

という質問にすぐに答えられないのであれば、
与沢翼さんは準備不足だと言っています。

普段から調べていれば、投資する先なんてものはすぐに見つかるものです。

だから、それが出てこないのは、
普段から何も調べていないからわからないのです。

それだと、いざチャンスが来た時に投資することが出来ないですよね?

 

なぜなら、そもそも調べ不足だからチャンスということにすら
気づかない可能性が高いからです。

だから、普段から準備しておいて、
何に投資するのかを決めておくべきです。

この調査をしているかしていないかが、
チャンスを拾えるかどうか?ぶち抜けるか?
ということになってきます。

チャンスは既に色々な所に転がっています。

しかし、拾えていないだけです。

 

普段から、チャンスを無駄にしないように調べておきましょう。

ちなみに、僕は自分のビジネスに投資します。笑
(それがありなのかは知らない。笑)

 

第四章:一日一日を全力で。その積み重ねが大きな結果に繋がる

今が1番若いから、全力で積み重ねることの重要性を
与沢翼さんのダイエットを例に出して話しています。

そして、一気に突き抜けるようなことをするべきという話をしていますね。

例えば、ダイエットと言えば、
3ヶ月で10キロなどを想像すると思うんですが、
与沢翼さんは2ヶ月で22キロの原料に成功しました。

実際、めちゃくちゃ痩せましたからね。笑

この痩せ方は異常です。笑

 

そして、毎日記録をつけて、
それをSNSに公開していってました。

ここで与沢翼さんは、前日より記録が良くなければ、
ダイエットは成功に向かっていないと言っています。

つまり、1日1日前に進んでいなければ成功には向かっていないということです。

だから、毎日記録してデータ化し、
成功に向かって積み重ねていったとのことです。

 

これはビジネスでも同じですよね?

毎日全力で取り組み、積み重ねる。

特にネットビジネスには言えることだと思います。

 

第五章:情報収集も3週間。「1人突っ込み」を繰り返しセンターピンを捕まえろ

恐らく与沢翼さんが1番言いたかったことは、
この章に書かれていることではないかなと思います。

与沢翼さんは「センターピン」を捉える事が重要という話をしています。

センターピンとは物事の本質です。

これをいち早く掴むことが重要だと話されていますね。

 

で、この章では与沢翼さんが、
どうやってセンターピンを掴んでいるのかを解説しています。

物事の本質掴むことは当然重要です。

ただ、中々本質に気づいていない人は結構多いので、
この章は本質的ではなくて枝葉のテクニックや考え方を見てしまい、
中々成功しない人は特に見た方がいいと思います。

 

ちなみに、3週間でセンターピンを掴む上で1周目では
「全体像」を掴むみたいですが、この辺は僕も同じでした。

ネットビジネスだったら、
仕組みを作る為の全体像を掴むことが、
まずは大事なんですよね。

というように、ビジネスにも活かせる考え方なので、
この章は特に読んだほうがいい所ですね。

 

第六章:これからの世界で起きることを予測し逆算して今から動こう

これからの時代はどんどん個人の時代になってくるので、
どんどん世の動きに対応していくのが大事だと言っていますね。

どんなに景気が悪くても、
時代の波さえ読み切る事ができれば、
それに合わせて儲かる仕事やビジネスを作る事ができるのです。

与沢翼さんが今までどれだけ落ち込んでも、
這い上がる事ができたのは時代の流れを見極めているからということを話していますね。

 

また、どんどん個人の時代になると言っています。

企業や国よりも、大きな発信力を持つ1人の人間に
注目が集まる時代になるということを話していますね。

 

しかし、逆に自分には関係がないと思考停止してしまうことで、
窮地に陥り、死ぬしかなくなるとも言っていますね。

これから個人の時代にどんどんなっていくので、
どんどん自分の力をつけるべきだと話しています。

実際、本当にそうで、
これから発信力がない人はどんどん苦しい思いをすると思います。

どんどんネットが盛んになってくるので、
今のうちに発信力を身につけることをおすすめします。

 

与沢翼さんのブチ抜く力を読んだ感想

与沢翼さんの「ブチ抜く力」を読んだ感想ですが、

「今何も行動出来ない、結果が出ない…とすぐに諦めてしまう人、または、中途半端にしか成功していない人」

は必ず読むべきだと思いました。

 

これは僕自身そうで、僕もまだまだ結果が出てるわけじゃないし、
誰よりもぶち抜いているわけではない中途半端な結果しか出てないのですよね。

だから、与沢翼さんの思考や、
ストイックすぎる考え方を知れて本当に良かったと思います。

今中途半端な結果を出せていない人や、
1ミリも結果を出せてない人は本当に読んだほうがいいですよ。

 

「うわ・・・俺は甘かった。頑張ろう。」

 

と、思えるようになってきます。

 

僕はブチ抜く力を読んで、与沢翼さんほどの努力が出来ていないと痛感したので、
これからもっと本気で頑張らなければと奮い立ちました。

めちゃくちゃ背中を押された気がします。

自分の背中を押してほしい人や、
これから何かを頑張りたい人はぜひ読んでみてほしいですね。

最後に

今日は、与沢翼さんの「ブチ抜く力」の内容と感想を話してきました。

僕も自分ではかなり1つのことに魂を売っているつもりでしたが、
実際にブチ抜く力を読んだら全然ぶち抜けてないなと思いました。笑

与沢翼さんの圧倒的な努力量にビビりますが、

「俺も頑張ろう!」

と、思えるので、
めちゃくちゃおすすめですよ。

 

ぜひ、読んでみて下さい。

 

というわけで以上です。

 

では

※徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


報酬実績

売上「1,565,159円」

※一部です。

楽笑メルマガコミュニティ運営中

最近の記事

YouTubeビジネスチャンネル

YouTubeで色々とビジネスのことを発信しています。

チャンネル登録お願いします。

 

  1. マーケティング

    情報商材を販売する時の価格設定で客に満足してもらえる値段を決める方法
  2. マインドセット

    言い訳するな!まずは1つを習慣化
  3. 働き方、人生を考える系

    コンフォートゾーンを抜け出す方法を解説!居心地のいい場所にいてもしゃあない
  4. 働き方、人生を考える系

    自由とは?1秒でも不幸と感じる時間を無くす為にビジネスをする
  5. 有料無料ツール

    ネットビジネスで必ず導入するべきおすすめのオンライン決済方法5選
PAGE TOP