パソコン1台で人生を変えた低学歴・肉体労働者の物語

PC1台で人生を変えた物語

今、人生や生き方を心の底から
「今が1番楽しい」と言えますか?

というめちゃくちゃな質問に大して、

「今が人生1番楽しい」

と、言えるなら全然問題ないですね。

僕も今は心の底から今が1番楽しいと言える人生です。

 

ただ、以前の僕は毎日会社と家の往復だけで、
本当に毎日が死ぬほどつまらないと思っていました。

毎日決まった時間に会社に出社して、
肉体労働をして働いてクタクタになって家に帰り、
シャワーを浴びて、僅かな自分の時間を過ごしてから
次の日出勤する為に寝るだけの日々。

家には寝る為だけに帰ってるようなものでした。

休みの日は会社で働く為の体力を回復させる為に、
特に何かすることがあるわけでもなく、
ゴロゴロYouTubeを見たり、
映画を見てダラダラ過ごしていました。

何もすることがないのです。

むしろ、何かをしてしまっては
疲れて仕事に影響が出るのでしてはいけません。

 

そんな日々を過ごしていると感じるのです。

 

「あれ?自分の人生いつまでこれが続くんだ?」

 

と。

 

そんな時に、
僕は情報発信ビジネス(ネットビジネス)に出会い、
人生が一気に急変しました。

 

そして、情報発信ビジネスを始めたことで

「心の底から今が1番楽しいと言える理想の人生」

を手に入れる事が出来ました。

 

僕はこれを「楽笑人生」と呼んでいます。

しくえる人生のことです。

こんな人生を手に入れることが
僕は重要だと思っていますし、
クライアントや僕のコミュニティ参加者には、
楽笑人生を手に入れてもらう為に様々なことを発信して教えています。

 

今では自分の力でお金を稼ぐ事もできるようになり、

  • 最高月収200万
  • 会社に雇われずに100万稼ぐ事ができる
  • 好きな時に好きなことを出来る「選択の自由」を手に入れる
  • 自分が大切にしている人を守ることが出来るようになる
  • 自分の気の合う仲間と過ごす事ができる
  • たまに海外に行くようになる
  • 好きな温泉に好きなだけ行けるようになる
  • 仕事を仕事と思わない働き方が出来る
  • 今が心の底から人生楽しいと言える

こういったことが出来るようになり、
今までとは全く違った180度変わった新しい人生に変わったのです。

現在は、そんな楽笑人生を手に入れてもらうために、
情報発信ビジネスでの稼ぎ方について日々発信しています。

 

「元々知識や経験があったんじゃないの?」

 

と、思うかも知れないですが、
僕は全くパソコンの知識やネットの知識はありませんでした。

何故なら”パソコンすら持ってなかった”からです。

当時の僕が出来るのは文字を打てるくらいで、
ビジネスに必要な知識は全くありませんでした。

 

そもそもですが、
実は僕は物凄く低学歴でして、
偏差値40くらいの高校をギリギリ卒業し、
それからは8年間サラリーマンとして肉体労働していました。

東大生のような高学歴で頭が良い人間ではないですし、
パソコンすら持っていなかったので
知識があるわけでもなかったです。

全てを”0”からスタートしました。

今のあなたと同じです。

ビジネスの知識なんて完全に0でした。

 

そんな僕でもパソコン1台で稼ぐ事が出来るように変わる事が出来ました。

 

このブログでは昔の僕のように、

「会社と家の往復だけで毎日つまらないと思っているけど人生を変えたい!でも、何をすればいいかわからなくて悩んでいる。でもどうにかして人生を変えたい気持ちが強い」

という人に向けて、
自分で情報発信ビジネスを始めて稼ぐ力を身につけて、
今までとは180度変わった新しい人生を手に入れてもらいます。

 

このページでは僕がどう変わっていったのか?

そんな物語を見てもらい、
僕のことを知ってもらえればと思います。

 

金が原因で親が離婚?

僕の両親は普通の人で、
親父はバイク屋を開いてオートバイの販売・修理をしていました。

母は専業主婦で、
僕と妹の面倒をよく見てくれていました。

特別裕福なわけでもなかったですが、
両親も仲が良くて、
毎日しっかり母が作った料理が出てきます。

そんな日々を、
僕は全く不満には思っていなかったです。

 

ただ、欲しい物を買ってもらった経験などはなく、
周りの友人が持っているゲームやおもちゃを欲しいと言うと、
親父によく怒られていました。

しかし、小学校6年生の時のクリスマスに、
子供の僕はどうしても欲しかったゲームをサンタにお願いします。

当時流行っていたのは「ポケットモンスター」です。

どうしても欲しかった僕は信じていたサンタにお願いします。

 

「お願いします!どうしても欲しいのでポケモンください!」

 

心の底からポケモンが欲しいとお願いしました。

そして、朝にポケモンが枕元に置いてあることを想像しながら、
僕は眠りにつきます。

 

朝7時。

ワクワクしながら僕は目が覚めました。

目が覚めた瞬間、

「ポケモンは!?」

と、自分の枕元を見ます。

 

するとそこには長方形の箱が置かれています。

「もしかして・・・本当にポケモンなのか!?」

そう思った僕は、
キレイに梱包された箱を乱暴に開けます。

開けている途中に、
少しずつ疑問が確信に変わりました。

「これはポケモンだ!絶対にポケモンだ!」

そして、箱を開けます。

するとそこには、
ポケモンではなくて
サッカーシューズが入っていたのです。

「え?ポケモンじゃない・・・」

ショックでした。

サンタには本当に強くお願いしたので、
ポケモンが貰えなかったのがショックだったのです。

 

そして、クリスマスでは学校に行くと、
何が貰えたかの話しでもちきりです。

その中で、同級生の1人が僕の知らない現実を突きつけてきました。

「サンタは親だよ」

と、言ってきたのです。

 

つまり、僕にポケモンではなく、
サッカーシューズをプレゼントしてきたのは親です。

ショックを受けました。

同時に確信したことがあります。

僕は欲しいものを欲しいと言ってはいけないと思ったのです。

欲しいものを欲しいということで怒られるのは、
自分の家がきっと貧乏だからだと思いました。

 

それから僕は中学生になり、
受験シーズンに入ります。

すると、ある日両親が大喧嘩していました。

たまに喧嘩していたので、
今回も時間が経てば収まるだろうと思っていましたが、
今回は様子が少し違います。

僕は少し嫌な予感がしました。

 

そして、その嫌な予感が当たりました。

 

僕の両親が離婚することになったのです。

そして、僕は選択を迫られます。

  • 親父についていくか?
  • 母親についていくか?

このどちらかを迫られたのです。

 

さらに2人に言われます。

親父「お母さんは自分のお金が欲しいからお前らを捨てて出ていくんだぞ?」

母親「お父さんはあなたの為に貯めていたお金を使うような人なんだよ?」

2人から様々なことを言われます。

 

2人とも、お金がどうのこうのと僕に言ってくるのです。

あまりにも精神的に疲れた僕は、
思わず涙が出てきました。

それと同時に思いました。

「この2人のようにはならないように、金に困らないような人生にしよう」

と、強く思ったのです。

両親が僕の反面教師になりました。

 

そして合理的に考えました。

母親について行ってしまっては、
もしかしたら高校に入学することも出来ないかも知れない。。。

そう思ったのです。

そして、僕は親父につくことに決めます。

僕が親父につくことを決めた時、
母親はとても悲しい顔をしていたのを覚えています。

 

しかし、当時の僕は2人のように、
金が原因で離婚をするようにはなりたくなかったので、
高校に行かないという選択肢はありません。

勉強して稼げるようにならないといけませんから。

こうして僕の両親は離婚し、
僕は高校に入学します。

 

問題児扱いされ、大学進学を諦める高校生活

高校に入学後、
僕は新たな新生活に胸をワクワクさせてました。

今までとは全く違った人間が集まり、
全く違った生活になるのですから。

 

楽しい高校生活にしよう!そして、ちゃんと勉強して将来金持ちになれるように頑張ろう!

 

しかし、期待とは裏腹に、
僕の高校生活は最悪なものになりました。

というのも、僕はものすごいコミュ障だったのです。

僕は元々慣れた人間なら喋る事はできるのですが、
初めましての人間と仲良くなるのが、
とてつもなく苦手なのです。

特に女子は苦手で、
話しかけられても緊張して言葉が出てこなくて、

「あ、、、うん。」

くらいしか言えません。

 

そんな状態なので、
めでたく「あいつやばくね?」というポジションゲットです。

そして、僕は学校では机にうずくまって寝るだけになりました。

クラスにずっと机で寝ていて、
クラスメイトと仲良くなれないやついませんでしたか?

あれ、、、僕です。

授業も寝ているだけになったので、
段々とついていけなくなり
少しずつ成績も下がってきました。

240人程いたのですが、
僕の成績は230位くらいです。

高校に入学する前の頑張る気持ちや、
金持ちになるという目標はどこにいったのか・・・

 

勉強も出来ない、
友達と呼べるような友達もいない。

そんな高校生活があまりにもつまらなくなり、
僕は少しずつサボるようになりました。

既に高校を退学している地元の友人がいたので、
僕は朝に学校に行くふりをしながら親父を欺き、
友人の家に朝の8時半から遊びにいきます。

最初はよかったです。

学校に行かなくてもダラダラ自由にしていられるのですから。

 

しかし、数日もすると、
何もやることがありません。

毎日学校をサボっては友人の家でダラダラしているだけです。

「何か楽しいことないかなー」

と、友人と2人で言うだけの日々。

何もすることがない。

それは僕にとってとてつもなく苦痛でした。

 

そして、僕は毎日のように家に行っていたので、
ついに友人の親にブチギレられ、
学校に行くことになりました。

学校に行かなかったらやることはないのですが、
学校に行くからと言って、
何か楽しいことがあるわけではありません。

毎日机で寝て、
1日が終わるのを待っているだけです。

どっちにしても苦痛すぎます。

自転車通学をしていたのですが、
あまりにも行きたくないと思っていたので、
自転車のペダルが50キロ程に感じるほど重かったです。

 

そして、サボっていたからか、
僕は学校の教師に問題児と呼ばれるようにもなりました。

しかし、誰かに迷惑を掛けているわけではありません。

なのに何故自分が問題児と呼ばれるのか?

僕は全く意味がわかりませんでした。

 

ある日、僕と野球部2人のクラスメイトが怒られました。

3人で授業中少し話していたら、
それがうるさいとのことです。

まぁ、うるさかったのはわかりますし、
怒られる理由になるのは仕方ないでしょう。

しかし、おかしいのが教師の発言です。

 

「この2人はいいけど光成お前は問題児だからな?」

 

は?

正直意味不明すぎて、
本気でこいつをぶん殴ってやろうかと思いました。

それから僕は何度も問題児と言われ続けます。

「お前は問題児だぞ?」

「そのままじゃ社会でやっていけないぞ?」

このようなことを何度も言われ続けて、
最初は「絶対に社会でもやっていけるわ」と思っていた僕も少しずつ、

「本当にやっていけるのかな・・・?」

と、未経験なので、
自分の将来に対して強い不安を感じました。

 

もしかしたら、自分は本当に社会じゃ通用しないのかも知れない。

普通に就職も出来ないのかも知れない。

普段から問題児扱いされているので、
圧倒的にセルフイメージが低くなっていました。

 

そして、就活の時期になります。

僕は大学へ行きたいと思っていました。

大学へ行かなければ、
いい会社には入れないと思っていたからです。

なので、僕は親父に言ってみました。

僕「大学行きたいんだけど」

すると親父にこう言われました。

 

親父「お前普段から全然勉強しない癖に大学へ行ってどうするんだよ。意味ないだろ。行きたいなら奨学金を借りて行け。大学へ行かす金は無い」

 

確かに正論です。

今まで全然勉強もしていなかったのに、
急に大学へ行きたいとか都合が良いです。

が、しかし、僕はこの時、
本気で親父に対してムカついていました。

何故なら理由が”金が無い”だからです。

奨学金を借りていけばいいのですが、
当時の僕は奨学金に対して謎の悪いイメージを持っていたので、
借りたくなかったのです。

だから、親父に助けを求めたのですが、
金が無いの一言です。

もし、僕が金のある家に生まれていたら大学へ行けたのだろうか?

そう思うと腹が立ってきました。

 

「将来こんな親父にならないように絶対に出世して金持ちになって、自分の子供には同じ思いをさせないようにしよう」

 

僕はこんなことを強く思い、
大学へ行くことを諦めます。
(今思うとこの時に大学へ行かなかったのは本当に正解でした。)

 

そして、就活ですが、
普段から社会でやっていけねーぞと言われ続けている僕は、
地元の友人の親の会社に入社させてもらいます。

自分が面接に行っても受かるわけがない。

社会でやっていけないかもしれないから、
とりあえず就職するのが大事。

そう考えて、不安になっていた僕は、
友人の会社に入社させてもらいました。

 

そして、高校を卒業します。

卒業はギリギリで、
出席日数も成績的にも全てがギリギリです。

下手したら留年だったかも知れないです。

もしかしたら、普通の人は、

「卒業出来たのは先生のおかげです!」

と、言って卒業するのかも知れないですが、
あまりにも教師達にムカついていた僕は、
卒業式に全員をフルシカトして卒業し、
挨拶も何も交わさずに家に帰りました。

 

社会人になり、自分の人生に死ぬほど悩む

こうして僕は、晴れて社会人になりました。

今までのような、
うるさい教師はいません。

それに、これから先の人生は全て自分次第です。

自分で働いて、自分で稼ぎ、
自分の力で飯を食う。

どんな楽しい未来が待っているのかとワクワクしていました。

 

しかし、現実は中々厳しいものです。

 

僕は友人の会社に入社するのですが、
手取りで14万という薄給だったのです。

しかも、僕も金の使い方が下手で若いのもあり、
給料が入ったその日に全てパチンコで使ってしまっていたりしました。

あまりにも金が無かったので、
当時の口癖は、

「金無い・・・」

でして、
友人に飲みに誘われても行けなかったですし、
自分の好きなものを買う事も出来ませんでした。

 

「金無いとか言わない方がいいよ」

と、友人に言われてしまう程です。

別に僕も言いたくありません。
しかし、本当に金がありませんでした。

 

あまりにも不自由だと感じていたので、
僕は1年後に転職します。

人生初めての転職活動です。

当時は車の運転が好きで、
長距離トラックの運転手をやりたいと思っていました。

色々な所に行って景色を見ながら運転したり、
美味しいものを食べながら仕事が出来たら楽しいだろうと思って、
長距離運転手がやりたかったのです。

そう思っていた僕は、
求人を見て面接に行きます。

 

すると、おかしいのです。

僕は長距離のトラックの運転手になりたくて
面接に来ているはずなのに、
目の前の面接官が、

「弊社は自転車での配達がメインなのですがよろしいでしょうか?」

とか言っているのです。

 

そう、、、僕は長距離トラックの運転手をやろうと思っていたのに、
何故か自転車宅配便の会社に面接に来ていたのです。

「すみません。自転車は無理ですね」

と、自分から断るような形で面接が終了し、
僕は1人になり思いました。

 

「俺は本物のバカなんじゃないか・・・?」

 

と、思ったのです。

だって、普通自分がやりたい仕事とは別の会社に面接行きます?笑

行かないですよね。

高校の教師の言葉を思い出し、
本当に自分は社会で通用しないのではないかと、
心の底から思いました。

 

しかし、しばらくすると、
自転車宅配便の会社から合格通知が来ました。

「え?自転車乗らないって言ったのに合格するんだ」

と、思いましたが、
折角面接に行った会社なので、
僕はそこで働くことに決めます。

そして、この会社はめちゃくちゃ良い会社でした。

以前の給料の2倍になり、
人間関係もとても良くて働きやすかったのです。

朝の7時から夜の22時位まで仕事なので
長時間労働ではありますが、
給料の高さに満足していました。

 

そして、結局僕は間違って入った会社で4年働きます。

 

4年経ち、僕は20台前半という若さで管理職にもなりました。

が、しかし、4年も働くと、
段々と違和感も感じてきます。

  • 毎日家と会社を往復するだけの日々。
  • 休みは月に4日。
  • 毎日の長時間労働。

毎日会社と家を往復して仕事しているだけで、
自分に全く自由がありません。

言ってしまえば、
飼われている家畜と同じです。

家畜を飼っている人間が会社で、
飼われている動物が僕。

会社の為に生きて、
会社の為に死ぬ。

そんな人生になるのが目に見えてわかりました。

 

「うわ!このままじゃ俺の人生完全にやばい!」

 

そう思った僕は「人生を変える方法」とネットで検索します。

すると、

  • 人と会いましょう
  • 環境を変えましょう
  • 付き合う人を変えましょう

こんなゴミ以下の情報しかでてこなかったので、
全く役に立ちませんでした。

 

しかし、僕はとにかく自分の時間が欲しいと思っていました。

会社に使うのではなく、
自分に使う為の時間が欲しいと思ったのです。

そして、転職することに決めました。

転職先は大手運送会社です。

業界では1番の誰でも知っている会社に転職することが出来ました。

 

趣味をビジネスにして生きている人との出会い

転職した僕は、
給料は変わらないのに休みは2倍になるという、
最大に恵まれた状況を手に入れる事が出来ました。

週休2日、給料は手取りで26万程。

なんて最高な会社なんだ!

と、思ったのですが、
1つだけ問題がありました。

 

それは”上司があまりにも人間的にクソ”ということです。

 

条件はいいんですよ。

言ってしまえば、
食べ物にも飲水にも困ることがない日本のような条件です。

いるだけで幸福。

そんな条件なのです。

 

しかし、実際にそこにいる人間はクズばかりで、
僕がわからないことを聞いても教えずに、
文句だけ言ってくるような人ばかりでした。

 

そんな感じなので、
僕は会社の上司と揉めるようになり、
僕は社内で問題児扱いをされるようになります。

そして、給料が低いエリアに飛ばされました。

1番の問題だったのが、
僕が会社を辞める事が出来ないことです。

本当は辞めたくて辞めたくてたまりませんでした。

しかし、福利厚生、給料、休日。

これらを考えると、
僕は辞める事が出来ません。

これ以上、条件のいい会社に入ることは、
低学歴の僕には出来ないからです。

 

僕は低学歴で、
今まで肉体労働しかしたことがありません。

だから、自分で条件の良い会社を選ぶ事が出来なかったのです。

偏差値40の高卒の僕には、
あまりにも選択肢が少な過ぎました。

 

なので、会社と家を往復して、
会社の人間関係に我慢して働くしかありませんでした。

朝の7時から夜の22時まで働いていたので、
正直毎日キツかったです。

しかも、ずっと荷物を配達しているので、
靴はボロボロになり、
足や手には豆が大量に出来ます。

繁忙期には休憩すら出来ずに、
1ヶ月で10キロも痩せてしまいました。

 

ただ、そんな会社にいながらも、
唯一趣味がありました。

それが”ストリートナンパ”です。

丁度、転職するタイミングで始めました。

 

ストリートナンパは、
元々モテなくてコミュ障の僕にとっては
毎日が楽しくなる刺激的な活動でした。

ナンパ師と呼ばれる人間がいて、
会社と家の往復だけだった僕には
ナンパ師がとても楽しそうに見えて始めたのです。

そして、僕も実際にストリートナンパを始めて、
コミュニケーション力、自信、対女性関係の悩み。

これらを全ての能力を高めて、
僕の刺激の無いつまらない人生は、
1度、ストリートナンパで大きく変わったのです。

 

しかし、長くは続きませんでした。

 

ある日、いつものように街でナンパをしていました。

渋谷の街で歩いている女性に声を掛けて、
仲良くなって連絡先を教えてもらったり、
一緒にカフェに行ったりしていたのですが、
ふと思ったのです。

 

「もし、今ナンパを辞めたらどうなるんだろう」

 

今まではナンパが楽しくてたまりませんでしたが、
いつまでも続けるわけではありません。

確かにコミュ力も高まり、
自分に自信もつき、
女性関係に困ることは無くなったので、
僕は大きく変わりました。

しかし、いつか辞める日が来ます。

もし辞めたら僕の人生は、
また会社と家の往復だけの日々に戻り、
退屈な毎日が繰り返されるのです、

毎日朝早くに眠たい目をこすりながら、
「会社に行きたくねー」と愚痴を言いつつ出勤するわけです。

そして、休みの日は、
次の日にしっかり働く為に体を休ませます。

YouTubeを見てゴロゴロしたり、
映画を見てダラダラしたり、
携帯ゲームをやって休日が終了するのでしょう。

それが50年とか60年も続きます。

もしくは、僕の体が動かなくなるまで。

 

そして、思いました。

 

「俺の人生はこのままじゃヤバい!」

 

慌てた僕は、
また人生を変える方法を検索します。

しかし、結果は以前と同じで、

  • 人と会いましょう
  • 環境を変えましょう
  • 付き合う人を変えましょう

というような抽象的な内容しか出てきません。

結局僕はどうすればいいのかわからずに、
なんとなく惰性で日々を生きていました。

 

そんな時に、不思議な人と出会ったのです。

 

2016年が終わりを迎える12月の寒い日に、
僕は仲の良いナンパ仲間といつも行く居酒屋で飲んでいました。

 

しかし、1人だけ、
見覚えの無い人がいたのです。

 

Yさんという方で、
挨拶させてもらうと
Twitterでとても有名な方でした。

ただ、Yさんは僕らと決定的に違う所があります。

同じナンパ師なのですが、
不思議なのが会社に勤めていないのです。

しかも、普段から海外旅行が好きで、
1年の半分くらいは海外にいたりするのです。

 

僕は驚きました。

「どうやったらそんな事ができるのですか?普通は会社に勤めないと金が貰えないじゃないですか?」

Yさんの生き方に死ぬほど興味を持った僕は、
かなり食い気味に質問します。

すると、Yさんは、

  • アフィリエイト
  • ナンパコンサル

などで収入を得ていると言っていました。

 

ブログやメルマガを使ってナンパの情報を発信して、
ナンパに興味を持っている人を集める。

そして、興味を持っている人と信頼関係を構築して、
ナンパの教材やコンサルを売っているとのことだったのです。

これはナンパだけに限らず、恋愛とか筋トレなど、
どんなジャンルでも出来るようになります。

しかも、パソコン1台で出来るので、
働く場所も好きな所で働き、
好きなように生きることが出来る。

だからYさんは、
しょっちゅう海外に行っているらしかったのです。

好きな海外に行って、
そのまま海外で仕事が出来てしまうとのことでした。

 

しかも、海外でナンパしたりすることで、
それがそのままコンテンツになります。

  • 日常=コンテンツ(仕事)
  • 仕事しているけど遊んでいる感覚
  • 遊んでいるけど仕事になっている

になっているのです。

 

その話を聞いた僕は、ワクワクが止まりませんでしたが、
自分に出来るのか?と疑問に思います。

今まで自分のパソコンすら持っていなかったですし、
ネットビジネスの知識なんて1ミリもありません。

Yさんのブログはワードプレスでしたが、
僕は無料ブログ(アメブロなど)とワードプレスの違いすらわかりませんでした。

出来ることなんて、
キーボードを打つことくらいです。

 

それだけパソコンが苦手な僕でも自分でビジネス出来るのか?

 

そう思いました。

で、色々質問をさせてもらったのですが、
話を聞くと、自分にも出来るかも知れないと思えたのです。

基本的にブログとメルマガで文字で情報発信するだけなので、
日本語の読み書きが出来て、文章が掛けるなら出来るし、
ツールを沢山使うわけでもありません。

中には車椅子で腕が使えないのに、
年収1億稼いでる人もいるらしいとのことです。

 

そして、色々な話を聞いて、

  • 「これは絶対に人生が変わる!」
  • 「ネットビジネスで会社を辞める事ができる!」
  • 「会社と家の往復でつまらない人生が楽しく変わる!」

僕はネットビジネスで、
確実に人生が変わることを確信しました。

 

そして、パソコンを持っていなかった僕は、
2万円の充電しながらでないと使えないパソコンを購入し、
この日から、情報発信ビジネスをスタートさせるのです。

月に1万、3万、50万、100万と稼ぎが増える

晴れてパソコンを買った僕は、
仕事が終わっては家に帰り、
パソコンを毎日カチャカチャと叩いていました。

最初は大変です。

ワードプレスでブログを作成するだけでも、
3日もかかってしまいいますからね。笑
(今なら1時間)

右を見ても左を見てもわからないことだらけでした。

 

それでも毎日コツコツブログを更新していると、
少しずつ読者がついてきて、
僕のブログを読んで感想をくれるのです。

「面白かったです!」

「役に立ちました!」

「いつも読んでます!」

と、嬉しいコメントをくれるわけです。

 

僕が発信していたのは、
ナンパの体験談です。

それに少しテクニックや意識したことなどを書いていました。

それが、とても役に立つと好評だったのです。

僕にとっては当たり前のことをブログに書いていたのですが、
この時思ったのは、

「意外に自分の当たり前は他人の役に立つ」

ということです。

 

そして、暫くしてからメルマガを始めてみます。

メルマガを始めたのは、
Yさんが始めたほうがいいと言っていたからです。

利益は伸びるし、稼ぎやすいし、長く続ける事ができるしと、
メルマガをやらない理由はなかったです。

僕は、入ったばかりのボーナスで、
メルマガを契約しました。

ワードプレスブログやメルマガなど、
どんどん自分の装備が増えていく。

ドラクエで言う、武器が強くなっていく感覚を、
僕はこの時に感じていましたね。

 

そして、メルマガを作った僕は、
ネット上で募集してみます。

「100人とか来たら嬉しいな〜」

と、思っていたのですが、
それで来なかったら嫌なので、
あまり期待せずに募集しました。

そして、次の日の朝。

メルマガの管理画面を見て見ると、
僕の予想を大きく上回る数字がそこにはあったのです。

メルマガ読者がなんと”200人”も登録してくれたのです。

 

「うぉぉぉ!めちゃくちゃ登録してくれた!」

 

予想を上回る結果にさすがの僕も歓喜です。

が、しかし、問題があって、
僕は何も売る商品を持っていませんでした。

アフィリエイトする商品も無かったし、
自分で商品を作るなんてハードルが高すぎて
作れるわけがありません。

そして、結局登録してくれた200人には
何もセールスすることなく終了。

読者からしたら、ただ役に立つ情報を貰えただけです。笑

恋愛で言ったら、
絶対に付き合うことの出来ない
女子の送り迎えだけの為に、
アッシーをしてしまう男子の如く、
ただ、役に立つ人をやっていました。

で、当然ですが、売上0円。

 

「俺、、、何やってるんだろ」

 

と、虚無感に襲われたのは言うまでもありません。

 

そんな時に、Yさんが、
アフィリエイトするという条件で、
Yさんの商品を僕に譲ってくれました。

この人は神なのかな?

そう思って感謝しながら、
僕はメルマガでYさんの商品をアフィリエイトすることに。

 

そして、3ヶ月程の月日が経ちます。

 

ある日、僕はいつものように会社が終わり、
家に帰ってる途中でした。

そして、いつものように報酬画面を開き、
商品が売れているかを確認します。

「今日は報酬発生してるかな?そろそろ発生して欲しい」

普段はずっと0の数字のままで、
全く報酬が発生していません。

早く稼ぎたかったですが、
中々報酬が発生しないので
「気長に待つしか無いな」
と、思っていました。

 

しかし、この日だけはいつもと違ったのです。

 

報酬画面を開いて見ると、
この日だけは1万円と書かれていました。

厳密に言ったら、
12960円と書かれています。

「え?」

僕は何度も画面を見直しました。

 

「夢かな?」

 

そう思い、何度も確認します。

しかし、夢ではありませんでした。

なんと12960円の報酬が発生していたのです。

僕はあまりに嬉しくなり、
渋谷という人口密度の多い街で、

「よっしゃー!」

と、叫んでいました。

そして、ニヤニヤしながら家に帰り、
あまりの嬉しさに、
僕はベッドで跳ね上がります。

 

そして、さらに報酬は増え、
月に3万円まで毎月稼ぐ事ができるようになります。

が、これでは会社を辞める事はできません。

どうにかして会社を辞めたいと思った僕は、
既に脱サラしてビジネスをしている人にアドバイスを貰いに行きました。

当時の僕の状況は、
月間アクセス2万PV程で、
メルマガリストは250〜300人程です。

自分の中では、

「多分まだまだ脱サラは無理だろーなー」

と、諦めていました。

 

しかし、アドバイスは予想を裏切る答えだったのです。

 

「全然行けるじゃん!仕事辞めちゃいなよ!w」

 

え・・・マジで・・・?仕事辞められるの?

さすがに混乱しました。

そして、冷静に考えました。

「え?まで辞める事できるの?月に3万しか稼げてないんだけど?これで辞めたら普通に死ぬじゃん。貯金とか0だよ?もし稼げなかったら人生終了するよね?もう2度と大手起業とか就職出来る気がしないんだけど、本当に辞めていいのか?」

と、悩みに悩み抜きます。

 

そして、僕は1つの結論に至りました。

このままダラダラ会社で仕事を続けていても自分の人生は1ミリも動くことはないし、辞めなければ結局何も変わらない!だったら、200万、300万くらい借金して1年2年本気で頑張って稼げるようになろう!

僕は会社を辞めることを決断したのです。

 

月に3万しか稼げていないので、
200万〜300万程借金をすることも決めました。

「結局最終的に返せばいいだろ。それよりもここで辞めない方が後悔する。」

そう思ったのです。

 

そして、めでたく会社を退職。

 

これからは自由です。

毎日自分の好きなように生きる事が出来ます。

しかし、稼がなくてはいけません。

そう思った僕は、
低額の商品ではなく
高額の商品を販売することにしました。

 

そして、会社を辞めた初月に”月収50万”を稼ぐことを達成します。

初めて1万の報酬を発生させた時より
ニヤニヤしながら街を歩き、
家のベッドで飛び跳ねました。

初月から稼げたので、
借金もすることがなかったです。

 

それからさらに情報発信ビジネスの勉強を続け、
どんどん仕組みを作り、
僕は会社を辞めてから半年後に

「月収100万」

を達成することが出来るようになりました。

 

情報発信ビジネスを始めたことで人生が心の底から楽しくなった

ビジネスを始めて、
月収100万を稼ぐ事もできるようになり、
僕は今までとは全く違った世界を生きる事が可能になりました。

昔は「金ない・・・」が口癖でしたが、
今では全く言わなくなり、
好きなものを食べたり買ったりすることが出来ます。

が、別に僕は自分にお金を使うのがあまり興味がなくて、
自分の家族や彼女にお金を使っていますね。
(美味しいものを食べるのは好きですけどね)

祖父母に10万円もするテレビを買ってあげました。
(僕の家のテレビは1万円くらい)

 

昔は彼女と出かけるなんて、
会社での仕事が忙しくて出来なかったですが、
この間ディズニーシーに行ってきました。

平日の昼間から行きましたが、
普通に楽しかったです。

 

付き合う人間も変わり、
僕の周りには同じようにビジネスをしている人などが増えました。

ビジネス仲間と一緒に合同で開催した合宿の様子。

 

海外にも行くようになり、
ニューヨークに行ってきました。

景色がめちゃくちゃキレイです。

ニューヨークの博物館です。

 

ビジネスに出会って、
今まで出来なかったことが出来るようになり、
知らない世界、価値観を知れるようになりました。

金ないが口癖で何も出来なかったのに、
自分でビジネスを始めたことで、
好きなことをしたり、自分の好きな人を喜ばせることが出来るようになりました。

 

本当に心の底からビジネスを始めてよかったと思います。

文字通り、180度人生が変わりました。

 

心の底から楽しい人生は不幸にならないことである

僕は心の底から楽しいと言える人生を手に入れるには、
不幸にならないことが重要だと思っています。

例えば、明日親が倒れてしまっても、
お金がなくて何もすることが出来なかったら不幸だと思いますし、
自分の子供を喜ばせることも金が原因で出来なかったら、
それは不幸だと思っています。

よく、好きな時に海外に行けるとか、
好きな食べ物を食べれるなどの自由を手に入れましょうと言っている人が多いですが、
明日海外に行けても身内を助けることが出来なかったり、
喜ばせる事が出来ないなら”不自由”だと思っています。

 

だから、僕は今この瞬間に全ての選択肢を選ぶ事のできる、

”選択の自由”

を手に入れることこそが、
とても重要だと思っています。

それにはビジネスを始めるリスクが大きくては、
中々難しいです。

だから、リスクが低くて、
自分が働かなくても収入を得る事ができて、
サラリーマンでは稼げないような大きな利益を得る事ができる、
”情報発信ビジネス”を僕は始めたのです。

 

今、この瞬間にある選択肢を全て選べるようになったら、
僕は本当の意味で自由だと思っていますし、
心の底から楽しいと言える人生になると思っています。

全てを選ぶ事ができて、1秒でも不幸を感じないこと。

これが大事です。

 

仕事と日常を一致した新しい働き方が人生を楽しくする

今まで僕は毎日会社と家の往復だけの日々がとてつもなく嫌でした。

自分の為に生きてるのではなく、
別の何かの為に生きている状態です。

僕の場合はそれが”会社”でした。

会社の為に日々を生きて、
会社の為に休んで、
全てが会社を中心に生きていました。

これが僕の感じていた違和感で、
僕が人生をつまらないと感じていた正体です。

僕は他者(会社)の人生を生きてしまっていたから、
人生がつまらなかったのです。

 

しかし、本来他者の人生を生きる必要はありません。

 

僕らの人生は本来僕らが好きなように生きていいはずなのに、
何故、他者の為に生きていかなければいけないのかと思いませんか?

会社は僕らを都合の良い労働者として働かせたいだけで、
僕らのことなんか1ミリも考えていません。

むしろ、僕らから全ての時間や自由を奪っていきます。

 

しかし、仕事と日常を一致させて、

  • 仕事しているけど遊んでいる感覚
  • 遊んでいるけど仕事になっている

になると、今この瞬間が仕事になり、
全てが自分の為になります。

 

会社や他人の為に働くという、
自分のやりたいことと剥離している生き方ではなく、
自分のやりたいこと、好きなこと、興味のあることを仕事にできる、
100%楽しいと言える働き方。

これを”仕事と日常の一致”と呼んでいて、
情報発信ビジネスだからこそ可能になります。

 

あなたがもし今、他人のために働いていたり、
違和感を感じる何かがあるなら、
仕事と日常を一致させることで、

「今までとは全く違った生き方」

が、出来るかも知れません。

 

しかもパソコン1台で。

どうですか?ちょっとワクワクしませんか?

 

実際、僕は全く違った生き方になりました。

そして、それが心の底から楽しいと言える”楽笑人生”だったのです。

 

世界を知れる場とこれから僕らが作るストーリー

さて、ここまで長い文章を読んで頂きありがとうございました。

僕はこのブログを中心とした情報発信を通して、
”世界を知れる場”というのを作りたいと思っています。

僕はこれからどんどん色々な世界を知り、
知識をどんどんつけていきたいと思っています。

 

しかし、1人で全てを知るなんて無理ゲーです。

だから、色々な価値観や知識を持つ人らが集まって、
情報共有したり、様々な話が出来る場を作りたいと思っているのです。

「この間◯◯の国に行ったけど文化はこんな感じだよ」

「ビジネスはこうやったらいいんじゃない?」

などなど、この場にいることで、
自分の知らない世界や価値観を知れるような、
そんな場を作りたいと思っています。

個人的には都市伝説の話とか大好物です。笑

そして、この世界を知れる場を、

正しい知識を学べる教育の場

にしたいと思っています。

お金の勉強をしなかったように、
僕らが知らない正しい知識は存在しますからね。

それが学べる場にしていきたいです。

 

そして、この世界を知れる場に入ってくれたメンバーと、
これから皆で楽笑人生を作るストーリーを作っていきたいと思っています。

なので、「明日旅行に行かない?」とか、
「明日海外合宿しよう」みたいなことが出来れば、
とても楽しいですし、それがストーリーになります。

 

その為に、
まずは情報発信ビジネスで、
自分の力でお金を稼げるようになりましょう。

ネットの力を使えば、
仕組みでお金を稼ぐことも可能です。
(当然努力は必要ですが)

会社員の給料を大きく超える金額を稼ぐことも可能になります。

 

そして、僕は現在、世界を知れる場を作る、
楽笑人生を作る受け皿として、
メルマガコミュニティを運営しています。

”楽笑メルマガコミュニティ”という無料のメールマガジンです。

コミュニティに参加することで、
僕から情報発信ビジネスでの稼ぎ方の方法論、
人生をより良くしていく為の考え方など、
様々な話をさせていただきます。

売り込みばかりのメルマガではなくて、
楽しく読めて学びになるように送っていますので、
安心してもらえばと思います。

 

これから人生を心の底から楽しいと思える人生にしたい、
今までとは働き方や生き方を変えたい!

そう思っていたら、
是非参加してください。

今参加していただくことで、

  • ネットビジネスを始めるべき理由と種類
    (22分40秒のウェブセミナー)
  • 情報発信ビジネスが少ないアクセスでも大きな成果をあげることが可能な理由
    (27分のウェブセミナー)
  • 知識・経験0でも稼ぐ事ができる理由
    (16分30秒のウェブセミナー)
  • 情報発信ビジネス・スタートアップレポート
    (24000字のレポート)

これらを一気にプレゼントしています。

ちゃんとビジネスをして稼いでいる人にとっては当たり前ですが、
多くの人がこの部分を理解していないので、
未だに稼ぐ事が出来ないのです。

それを最初に全て理解してもらいます。

逆に稼げていない人は、
この部分をしっかり知らないので、
あなたは知るだけで稼げるようになるまでのスタートダッシュになるはずです。

全て無料ですので、
是非受け取ってください。

 

一緒に楽笑人生までのストーリーを作っていきましょう。

あなたの参加をお待ちしています。



※個人情報は厳正な管理によって保護されているので、第三者への漏洩はありません。

※Gmail以外のアドレスで登録されるとメールが不達になる可能性が増えてきます。出来るだけGmailで登録してください。

メールアドレスだけで参加出来ます。

 ※厳正な管理によって第三者への漏洩はありません。安心して参加してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


楽笑メルマガコミュニティ運営中

最近の記事

YouTubeビジネスチャンネル

YouTubeで色々とビジネスのことを発信しています。

チャンネル登録お願いします。

  1. 有料無料ツール

    メルマガが迷惑メールになる原因解決をマイスピーに聞いたら対応が神だった
  2. コピーライティング

    ブログで面白いと思われる文章の記事の書き方!ストーリーライティング!
  3. ふざけたストーリー

    フィリピンにビジネス合宿へ行ってきました!パート1
  4. ワードプレス関連

    ワードプレスで記事下へ定型文を入れることが出来るプラグインの設定方法
  5. 働き方、人生を考える系

    ネットビジネスで人生逆転したなと思う5つのこと!やれば誰でも変われる
PAGE TOP