コピーライティング

ブログで大事なプロフィールの超具体的な書き方!例を出しながら解説

どうも、光成です。

 

今日はプロフィールの書き方を解説しようと思います。

プロフィールはあなたが何者で何をしている人で、
何を目指している人なのかが読者に伝わる、
超絶大事な部分というのは言うまでもありませぬ。

 

プロフィールは何故重要なのか?

プロフィールが何故重要なのかというと、
読者が見た時にあなたが何者なのかわかるのと、
プロフィールは営業マンで言う”名刺”みたいなものです。

これから自分を知ってもらうのに、
名刺がないとかありえないですよね。

だから、あなたを知ってもらう為にプロフィールが重要なのです。

 

で、プロフィールでは読者に何を知ってもらうかと言うと、

「あなたは何者で何をしている人で何を目指している人か?」

ということを知ってもらう為です。

 

これを知ってもらって、あなたの生き方とか考え方とかに、
共感してもらうことが鬼重要。

共感出来ない人のブログとか、
怪しい人のブログは読まないですし、
一瞬でブラウザを閉じてベッドで就寝でしょう。

なので、あなたを知ってもらうという意味で、
プロフィールはしっかりと書くのが重要です。

 

「でもプロフィールってどう書けばいいんだよ・・・」

という質問も来ることは当然予測済みです。

 

で、プロフィールを書く時の”書き方”というものがあるので、それを話しますね。

プロフィールをしっかり書くことで、
「共感しました!」と言われることも多くなるっと思います。

ちなみに僕は普段からそういったメールを頂きますし、
共感したと言われることも多いです。

 

プロフィールを書く時に意識するべき書き方

じゃあプロフィールはどうやって書いていけばいいのか?

で、ここで意識してほしい型があって、
それが”神話の法則”というやつです。

神話の法則とは、
大ヒットしている映画などで取り入れられてる物語の型です。

ちなみにスターウォーズやロードオブザリングなどは、
神話の法則の型で作られた映画でして、
だから面白いというわけです。

神話の法則の型
  • 日常の世界
  • 冒険への誘い
  • 冒険への拒絶
  • 賢者との出会い
  • 第一関門突破
  • 試練・仲間・敵対者
  • 最も危険な場所への接近
  • 最大の試練
  • 報酬
  • 帰路
  • 復活
  • 宝を持って帰還

この形が神話の法則の型になります。

 

基本的に物語で書く時は、
この型に沿って書けば面白い文章になります。

ただ、この全てを入れる必要はないです。

この中で入れたほうがいいのが、

  1. 日常の世界
  2. 冒険への誘い
  3. 冒険への拒絶(これは人によります)
  4. 賢者との出会い
  5. 最も危険な場所への接近
  6. 最大の試練

この6つが入っていればプロフィールは大丈夫です。
ちなみに順番はこれ通りじゃなくて大丈夫です。

しかし、最後は宝を持って帰還してはいけないですよ?

普通にまた、戻ってきてはいけませんよね。

僕らは宝を持って更に次のステージに進んで行かなければいけないですから、
帰還してしまっては意味のないものになります。

 

なので宝を手に入れて新しい世界への旅立ちって感じにしましょう。

こちらの記事で、物語をさらに面白く表現する為の方法を解説しています。

具体的なプロフィールの書き方(例あり)

じゃあ実際に神話の法則に基づいたプロフィールの書き方を、
僕のプロフィールを例に出して解説していきますので、
どの辺で神話の法則を取り入れているのか発信者視点で見てみてください。

プロフィールを書く時に意識することは以下になります。

  1. 共感してもらう
  2. 自分がどんな人間だったかを知ってもらう
  3. 自分の理念を知ってもらう
  4. 目指している理想の人生を知ってもらう
  5. ブログを運営している理由

これらがとても重要になってきます。

 

①自分はどんな人間だったのかを説明(日常の世界)

 

まず1番最初に自分はどんな人間でどんな人生を歩んできたのかを、
知ってもらうことが大切で、僕は高校生活から書いております。

そこから自分の生い立ちや実際に経験してきたことを書いてあります。

そして社会人編を書いていますが、
社会人になっても自分の人生に違和感を感じている日々を書いてあります。

 

まず、1番最初にやるべきことは、

自分がどんな生き方をして、どんな人生を歩んできたのかを知ってもらう

これが重要ですね。

 

この部分で重要なのは”共感”と”自分がどんな人間か知ってもらう”こと。

あなたの苦労したことや感情を入れて共感してもらうことが重要です。

あなたの苦労したことや経験に「気持ちわかる・・・」と感情移入してもらうことが重要になります。そしてどんな人間だったのかを知ってもらいましょう

※プロフィールは書き直しました

②新しいことを始める(冒険への誘い)

僕の場合は初めて新しいことを始めたのはストリートナンパでした。

新しいことを始めるイベントがあなたにも必ずあると思いますし、
この時は様々な葛藤があると思うので、それを書いていきましょう。

 

僕もありましたがナンパなのでプロフィールには書いていないです。

で、その後僕はネットビジネスに出会ったので、
ここでは新しいことを始めるイベントが2回来ています。

新しいことを始める時に怖かったりと様々な葛藤があったと思います。その葛藤は大事な部分なのでしっかりと書いていきましょう。

 

③新しい世界に誘ってくれる人がいる(賢者との出会い)

 

僕はネットビジネスの存在を知り、
ネットビジネスの世界に誘ってくれる人がいましたが、
それは多分誰でもあると思います。

パソコンで見たブログに衝撃を受けたとか。

そこで一度拒絶する人もいるでしょう。
怪しいから怖いなどなど。

その時の心情などを書きましょう。
そこに共感が生まれますよね。

ただ、僕の場合は冒険への拒絶はないです。

新しいことを始める時には大体誰か最初にやっている人がいて、その人の影響で始めると思います。その時の心情を書きましょう。きっとびびったはずです。

 

④1番ハードルの高いことを書く(最も危険な場所への接近。最大の試練)

これは会社を辞めることなどがそれにあたりますよね。

あなたにとって、
とてもハードルの高い事があると思います。

僕にとっては会社を辞めることでした。

プロフィールには詳しくは書いていないですが、
ここが最も危険な場所への接近です。

この部分は様々な葛藤や悩む事があると思います。この部分はもっとしっかり書いたほうがいいですね。僕はメルマガで書いてあります。

また、僕の場合は最大の試練もここに入ることになります。

 

⑤自分はどんな人生を目指しているか?

そして自分はどんな理念があってブログを発信しているのか?

どんな理想の人生を目指しているのか?

そこを最後に書いていき、
共感してもらうことが重要です。

 

この部分は要は、

あなたのブログを読むことで何を得られるのか?

ということを伝える場所でして、
しっかりと理念と目指しているものを書いていきましょう。

 

この書き方が神話の法則を元に、
あなたのコンセプトを共有したプロフィールの書き方ですね。

コンセプトはこちらで解説しています。

最後に

今日はブログで大事なプロフィールの書き方を解説しました。

少し見にくかったかもしれないですが、
僕のプロフィールの例を出しつつ、
解説したのでわかりやすかったかなと思います。

※もう一度言いますがプロフィールは書き直しています

 

神話の法則は様々な所で使える事ができる、
ライティングの型なので知っておいたほうがいいですね。

今日は超具体的なプロフィールの書き方を解説したので、
少し抽象化した書き方も解説した記事を書きました。

 

というわけで今日は以上です。

 

では

漫画の続きを見る方はこちらをクリック =========================================

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA