MENU
無料プレゼント

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

↓↓


※Gmailかヤフーメール以外は受け付けていません。
徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

めんどくさがりな人ほど頭がいいと思う5つの理由!めんどくさがりに向いている仕事とは!?

どうも、光成です。

いきなりですが、僕は極度のめんどくさがりで、
彼女にもよくめんどくさがりなことで怒られます。笑

多分誰でもあると思うんですよね。

めんどくさがって彼女や母親に怒られるみたいな人。笑

「なんであんたはそんなにめんどくさがりなの!ダメだよ!」

みたいに言われたことありませんか?

僕は何度もあります。

しかし、本当にめんどくさがりはいけないことなのでしょうか?

むしろ、色々な人と出会う機会が増えて話すことが多いのですが、
僕の周りにはかなりめんどくさがりな人が多いです。

そして、そういう人ほど経営者をやっていて、
お金を楽して稼いだりしている人が多いんですよ。

つまり、めんどくさがりな人ほど頭がいい人が多いわけです。

じゃあ、何故めんどくさがりな人ほど頭がいいのか?

なので今日は、めんどくさがりな人が頭がいいと思う理由と
めんどくさがりな人ほど向いている仕事まで話していきますね。

昔の僕に話すような気分です。笑

ちなみに、僕は頭がいいわけではありません。笑

目次

めんどくさがりな人ほど頭がいいと思う5つの理由

普段から僕は経営者の方と話をすることが多いのですが、
そういう人と話してると、

「めちゃくちゃめんどくさがりだなw」

と、思うことが本当に多いんですよね。笑

けど、そういう人に限って賢くて頭いいんですよ。

そして、人生うまくいっています。

で、めんどくさがりな人ほど頭がいいと思う理由が、

  • 効率化しようとする
  • 無駄なことをしない
  • 完璧主義じゃない
  • 仕事が早い
  • 余裕がある

めんどくさがりな人は、
こういった特徴がある人が多いですね。

1つずつ話していきますね。

効率化しようとする

めんどくさがりは基本的に全てをめんどくさいと思っているので、
なるべく自分が動かないでも問題ない状況を作り出します。

つまり、効率化が上手なんですよね。

仕事で言えば、システムを上手に使って仕組みを作って、
自分が1秒も働かなくても利益が出るような状態にします。

自分が働いて利益を出すのがめんどくさいんですよ。

だから、働かなくても利益が出る仕組みを作るのです。

僕がネットビジネスの勉強している人だと、「だいぽんさん」という人からは、
自分で働くのはめんどくさくて嫌だから仕組みを作ったという感じがしますし、
実際に殆ど働かずに利益を出してるみたいです。

実際に作っている自動化の仕組みのレビュー記事はこちら

ちなみに、僕もそうですが、
基本的に全てがめんどくさいので、
日常生活でも、なるべく楽出来る仕組みを作っています。

洗濯物はドラム式洗濯機にして時短したりですね。

マジで楽なので、ドラム式洗濯機は買ったほうがいいですよ。

こんなふうに、めんどくさがりな人は全てを楽する為に、
なんでも効率化しようとします。

その結果、自分自身が成長する為の時間を取れるので、
どんどん頭がよくなってしまうというわけですね。

無駄なことをしない

めんどくさがりな人は無駄なことを嫌います。

だから、無駄なことは一切しないで
必要なことだけに取り組み最大の効果を出そうとしますね。

その結果、無駄のない動きが出来るので、
どんどん良い結果を出せるようになるんですよ。

これは”エッセンシャル思考”と言われるものでもあり、
要は「最小の時間で成果を最大にする」という考え方です。

常にめんどくさいと思う無駄を削り、
自分に本当に必要なことだけを追求しているのがめんどくさがりやです。笑

かっこよく聞こえてきますね。笑

完璧主義じゃない

めんどくさがりな人は完璧主義であることに意味がない事を知っているので、
完成していない状態でもタスクを進めていきます。

なので、仕事が終わるのも早いですし、
実際、完璧に仕上げなくても誰も困らないので、
周りの人からも感謝されますし評価も高くなります。

完璧じゃないのに感謝されるなんて良い話しですよね?笑

また、なにか勉強する時も、完璧主義じゃないので、
要点だけを取り入れて自分の知識に変えます。

わかりやすいのが本です。

本を読む時に、大体の人が全てのページを読もうとするのですが、
めんどくさがりな人は全てのページではなくて、
自分に必要な部分だけを読んで知識をつけます。

でも、それでいいんですよね。

全ページ読んで全く覚えていないですってのが一番意味ないですから。笑

完璧主義じゃないので、要点だけを知識に変え、
どんどん賢くなっていくのがめんどくさがりな人の特徴だなと思います。

ちなみに、僕は本に関しては全て読んでしまう派です。笑

本を読んだり勉強するのが好きになったのですが、
それに関してはこちらで話しているのでぜひ読んでもらえればと思います。

仕事が早い

先程、めんどくさがりな人は

  • 「効率化しようとする」
  • 「無駄なことをしない」
  • 「完璧主義じゃない」

と話しましたが、これらの特性があるので仕事が早いんですよ。

実際、完璧主義で性格が細かい人と、
めんどくさがりな人では仕事のスピードに大きな差があります。

僕が会社員の頃は性格が細かい人より1時間早く仕事を終らせるなんてこともありました。笑

それほど、仕事のスピードに差がありますよね。

めんどくさがりな人は抜く所を抜くので本当に仕事が早いです。

仕事が早いことで自分も得をしますし、
周りからも評価が高くなるので、
少し「めんどくせえ」と思ったことがあれば力を抜いてみるのもありですよ。

余裕がある

めんどくさがりな人は
自分を精神的に追い詰めるような状況を作りません。

常に余裕を生み出しています。

だから本を読んだりして知識をつけたりする時間もあるし、
余裕があるので、様々なことに取り組んで色々な経験を積んでいます。

その結果、どんどん頭がいい人に変わっていくわけです。

この余裕があるかないかは、
頭がいい人と悪い人の違いとしても
大きいことなのではないかなと思います。

余裕がない人って頭悪そうに見えちゃいますしね。

めんどくさがりな人には常に余裕がありますね。

めんどくさがりに向いている仕事とは!?

めんどくさがりな人は頭がいいという話をしてきたのですが、
めんどくさがりな人に向いている仕事ってある?と思いませんか?

で、僕は”ネットビジネス”が向いていると思うんですよね。

僕自身、昔は毎日規則正しく会社と家を往復する日々を送っていました。

しかし、ぶっちゃけ会社に通勤するのも朝起きるのも、
究極にめんどくさいと思っていました。
(というか起きれなくて遅刻もしてました。笑)

「もし、このまま寝れるならどれだけ幸せか…」

なんて数え切れないくらい思っていますね。笑

ちなみに、詳しくはこちらの記事で話しています。

でも、どれだけめんどくさくても会社には行かないといけないですし、それが普通です。

ただ嫌でした。笑

しかし、僕自身ネットビジネスに出会ってから会社を辞めて、
毎日自分の好きなことをして過ごす事ができるようになりました。

朝はそこまで早く起きなくてもいいですし、
好きなだけ寝れます。

それに、1日の仕事も仕組みを作ってしまえば、
数時間とかだけでも大丈夫ですし、仕事しなくても良い日だってあります。

だから、ノリで旅行に行ったりしてます。笑

また、好きなことを仕事にすることも出来るので、
仕事がめんどくさいと思わなくなります。

僕で言えば、ナンパを仕事にしましたが、
好きなことを仕事にしたので楽しくて仕方ありませんでした。笑

1ミリもめんどくさいとか思わなかったですね。

実際に僕がナンパを仕事にした時の話はこちらから読んでみて下さい。

好きなことを仕事にしたり、自由に生きる事もできるので、
個人的にはめんどくさがりな人ほどネットビジネスを仕事するのがおすすめです。

というか性格的に向いていると思いますし、
僕はめちゃくちゃ有意義な働き方だと思っています。

「でも、何すればいいかわからないぞ!」

と、思うかも知れないので、
そういう方は僕のメルマガを読んでみて下さい。

興味ある方は僕のメルマガに登録してもらったら、
一気にネットビジネスの全体像などを話すウェブセミナーを配っていますので、
そちらを見てもらえればと思います。無料です。

最後に

今日はめんどくさがりな人が頭がいい理由と向いている仕事について話しました。

実際、めんどくさがりな人は頭がいい人が多いですし、
すぐに効率化をしようとします。

でも、それって正しいんですよね。

「頑張っていることが正しい」

と、思っている人が日本では多いですが、
頑張っていても報われないなら意味がないです。

逆に、楽しても報われる努力をしているなら、
そっちのが賢いと思っていますね。

そして、めんどくさがりな人ほど、
報われる行動だけをしていると思います。

だから頭のいい人が多いんでしょうね。

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

↓↓


※Gmailかヤフーメール以外は受け付けていません。
徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

『電子書籍無料ダウンロードキャンペーン』詳細はコチラをクリック

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

気軽にコメントしてください!

コメントする

目次