働き方、人生を考える系

新しい世界を知るべきだし飛び込まないとマジで損

どうも、ミツナリです。

 

新しい座椅子を買ったのですが、座り心地が正直微妙ですw

腰痛くなります。

前はふかふかの座椅子を使っていたのですが、長く使っていて古くなって新しいのを買いましたがちょっと家庭的ではないですねw

ありがとうございますw

 

で、今日は新しい世界を知ることを辞めたらめちゃくちゃ損をするという話です。

 

情報発信ビジネスってやっぱり分かる人にはわかりますが、わからない人にはやっぱりわからない人が多くて、怪しいと思われがちです。

ただその気持はめちゃくちゃわかります。

 

正直怪しいですよねw

しかも巷にはめちゃくちゃ怪しい広告も出ています。

 

「ワンクリックで稼げる」

「コピペで稼げる」

こんなの未だに見ますからねw

アホじゃね?さすがにワンクリックで稼げるわけないだろと思っています。

 

そのことから、ネットビジネスの怪しさが本当に抜けません。

どうしてもクリーンなイメージがないです。実際に人を騙して金を稼いでいる人も世の中には居ると思います。

ただそんなことをしたら自分のセルフイメージ鬼のように下がります。

 

正直、よく出来るなそんなことって思っていますよ。

 

で、それを見て僕に文句を言ってくる人ってめっちゃ多いです。

「お前も怪しい」

「ネットビジネスで稼げるわけないだろ」

「詐欺やってるんだろ?」

的なことを言ってきます。

 

先日も飲みに行った時に色々と言われました。

「もっとね・・・クリーンな仕事しなよ」

と、言う具合に。

 

じゃあ逆にクリーンな仕事とは何か?会社勤めなのか?ボランティアだったらクリーンなのか?

ネットビジネスが怪しいと言われるのはわかります。怪しいことをしている人もいますし、そういうイメージもありますから。

僕もめちゃくちゃ怪しいと思っていましたよ。

 

ただね・・・自分はクリーンなやり方でやればいいだけだと思うんですよ。

ネットビジネスで詐欺まがいなことをしている人はいると思うけど、別に自分はやらなければいいだけ。

そういうやつは勝手に淘汰されていくんだから。

 

それを、ちゃんとビジネスしている人の世界をしらないくせに批判だけする人ってマジでしょうもなくて、ちゃんと新しい世界が目の前に来たら、知るだけ知ってみれば?って思います。

いつまでも昔の考え方に囚われるって本当に損でしかないですよ。

素直じゃないのですよね。

 

僕は新しい世界で動いている、全く僕の知らない世界で活躍している人をシンプルに凄いと思います。

だって自分の出来ないことを出来る人ってシンプルにすごくないですか?

 

そして今は時代的に、ニーズからウォンツに変わってきています。

全体的にです。だからモノは売れなくなって来ているのです。

有物ではなく、情報やノウハウと言った無形のものが商品として扱われるのが普通と言われる時代になっているのですよ。

 

それを受け入れずに、いつまでも古い世界で生きているってめちゃくちゃ損をしていますよ。

色々な世界があります。

僕の知らないことは沢山あります。

だから僕はどんどん素直に吸収していくつもりです。

 

逆に新しい世界を知ると本当に楽しいです。

色々なことを知れます。知れるということは自分自身の成長に死ぬほど繋がります。

僕は情報発信ビジネスを知って、色々な人と出会って色々な価値観に触れることが出来て、本当に日々成長出来ていますし、なにより毎日楽しいです。

 

新しいことを知る、触れるって絶対にメンタルブロックはかかります。

ただ、そのメンタルブロックを破壊することで、どんどん少しずつ人生は変わっていくのですよ。

僕はそれを知ってしまったので、どんどん新しいことを知りたいし、どんどん新しいことを色々な人の価値観に触れさせてもらいたいです。

勉強して成長したいですからね。

 

価値観をどんどん変えていってください。

有物思考は捨てたほうがいいです。

これからの時代で情報格差が貧富格差になってくると僕は思っています。

 

常に色々な世界を知る、新しい価値観を知る、新しい情報に触れる、新しい世界を受け入れる。

その気持がめっちゃ大事です。

 

古い世界から抜け出しましょう。

そしてどんどん新しい世界へ飛び込む。

僕はこれからもそうやってやっていきます。

 

自戒を込めて書きました。

漫画の続きを見る方はこちらをクリック =========================================
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA