情報発信ビジネス関連

周りの目を気にする人の原因と解決方法〜昔の経験込みで話します

どうも、ミツナリです。

 

最近の本を読む時の勉強方法は一気にアウトプットとインプットをする為にPDFに大事な所をメモしながら読んでいる僕ですw

はい、実は結構真面目なのです。

実際この勉強方法はかなり効果的なのでやってみてくださいね。めちゃくちゃ頭に入ってきますよ。

 

で、今日はですね人の目を気にしている人の根本原因と解決方法を書いていこうかなと。

と、いうのも先日コンサル生が記事の更新をしていなかったので聞いてみると、

「自分の記事の質が悪くて、周りにしょぼいと思われないか気になってあげられてないです。」

と、言っていました。

 

それを聞いて僕は周りの目を気にする必要ないと普通に言ったのですが、結構他人の目を気にする人って多いですよね。

なので今日は周りの目を気にする人の根本原因と解決方法を書いていきますね。

 

周りの目を気にする原因とは

周りの目を気にする人には根本的な原因があります。

その原因は2つで、

  1. 自分に自信がない
  2. 自分と他人の視点の違いをわかっていないから自意識過剰になる

の、2つです。

で、この2つのどちらかが欠けている場合でも周りの目を気にすることになります。

自分に自信がなくても周りの目を気にするし、自意識過剰になっていたら周りの目を気にするのです。

僕はすた丼を食べに行った時に②が発動したことがあるので最後に話しますねw

 

逆にこの2つがなければ周りの目は気にならないし、僕のコンサル生も周りを気にせずガンガン記事をアップ出来るかと思います。

ガンガン記事をあげい!!!w

 

自分に自信がなくて周りの目が気になる原因

自分に自信がないと周りの目を気にすることになります。

自分に自信がないから、自分のやっていることや取り組んでいることに自信が持てないのですよね。

要は自分の行動に自信が持てないのですよ。

 

自分自身に自信がないから自分のやること全ての行動に自信が持てないというわけです。

これを見てるあなたも自信がなくて周りの目を気にする所があるから見てると思うのですが、自分自身に自信がないから自分のやることにメンタルブロックが働いている経験あると思います。

自信とか自身とか自分とか多くて読みづらいですねwすみませんw

 

でもそういうことです。

なので自分に自信をつけなければ①は解決出来ないのですが、どうやって解決すればいいのか?どうやって自分に自信をつけるのか?

それを話しますね。

 

自分に自信をつけるには?

よく聞くやつとか僕も昔検索したことあるのですが思い込むとか出てきますよね。

普通にあれはマジで意味がないので。

思い込んで自信がつくなら世の中全員自信あります。

 

自分に自信をつけるには2つの方法しかないと思っています。

 

環境、付き合う人を変える

環境と付き合う人を変えることが自分に自信をつける最短な方法です。

ちゃんと後で環境の変え方も書きますので安心してくださいw

 

自分に自信が無くなる大きな原因は、

周りがあなたを大なり小なり否定してくるから自信を失ってくる

と、言うわけです。

 

あなたを否定してくる人がいません?

「お前には無理だろ」

「辞めとけよ」

と、言った具合に否定してくるのですよね。

 

それは僕もあって高校生の頃に僕は教師達に謎に目をつけられていて、学校に行けば問題児と言われていました。

それと同時に「社会でやっていけないぞ」と言われるので少しずつ自信がなくなり「僕には無理なのかな」と、思ってしまいます。

 

自信が無くなるのは他人からの洗脳だったりするのですよ。

 

言われてみればそんな感じしませんか?否定されることで気づいたら自分の中で自分自身を否定してしまっているというか、自分はダメなんだと思い込まされるというか。

実は軽い洗脳なのです。周りからの影響が少なからずあると思っています。勝手にいつの間にか自信を失っているなんて無いと思います。

 

ただ逆にも働くのですよね。

例えばこれからあなたが会社を辞めたいと思っていて人に相談した時に、

「お!いいじゃん!早くサクッとやめちゃえよ!イケるから!w」

って言ってもらえたら少し元気になりません?w

 

「あれ?僕マジでいけるんじゃね?w」

って思えるじゃないですか?

なので良い方向にも洗脳ってあるのですよね。

 

簡単に言ったら元気になれるのですよw

で、今までの環境を捨ててそんな元気になれるような人と付き合っていく環境に入るのがとても大切になります。

そんな背中を押してくれる人らと絡んでいたら段々と自分に自信がついてくるはずです。

 

あなたを否定してくる人はいませんからね。

 

環境を変えるには?

じゃあ環境を変えるにはどうすればよいのか?

これが1番大変じゃないですか?環境を変えれば変わるのはわかっているけどどうすればいいかわからないから困っていると。

そりゃそうですw

 

じゃあどうすればよいのか?

今はネットの時代になりました。なので連絡をとってみてください。

TwitterならDMとかで連絡をとることも出来ますよね。

僕ならLINE@で話すことも出来るので連絡くれてもいいですよ。

 

会ってみたい人が有料コミュニティなどを運営しているのであればお金を払ってそこに参加するのもありです。

それで会えるなら安いものですし、それが環境を変えるってことですから。

ただ待っていても環境は変わらないので自分から出来ることをして動いて変えていくのが大切ですね。

 

待つのはダメです。ハッキリいいますが待っていても来ません。

 

他人と自分の視点の違いを理解する必要がある

これは簡単に言ったら自意識過剰です。

他人はあなたのことをそこまで見ていないのに、自分は見られていると感じてしまっているのです。

先に言っておきますが安心してください。

誰も見てませんよw

 

で、この自意識過剰をなくすにはどうすればいいか?

これは他人と自分の視点の違いを理解する必要があります。

これは今日の夜に寝る前に思い出してみれば簡単です。

 

今日すれ違った人を思い出してみる

今日寝る前にすれ違った人を思い出してほしいのですがどうですか?

 

僕のカンだとおそらく、

覚えていないですよねw

 

安心してください。僕もですw

 

で、それが普通なのですよ。

自分は1人だから自分から見た他人は沢山いて、自分が見られていると思ってしまうかもしれないですが、他人から見たあなたは死ぬほどいる他人のうちの1人ですw

だからあなたが今日すれ違った人と同じように、他人は寝る前に思い出せないのです。

記憶の中にも入れていないのですよ。

 

誰もあなたを覚えていないし、顔もわからないです。

ネット上でも一緒です。

Twitterでのフォロワーもタイムラインにあなたのつぶやきが流れてきてもそこまでみていないです。見てても数秒。

だってタイムラインは色々な人のつぶやきが流れているから流しているのです。

 

自分だけが特別ではないです。

僕もあなたも沢山いる人のうちの1人です。

大丈夫です。他人の目が気になったらすれ違った人を思い出してみてください。

誰も思い出せなくて自意識過剰がなくなります。

 

すた丼で発動した自意識過剰のあの日

すた丼おいしいですよね。

僕は一時期めちゃくちゃハマっていた時があって、渋谷センター街のすた丼でよくチーズハンバーグを頼んでいたのですよ。

 

そしていつものようにニンニクを鬼のように入れてましたw

 

自分の美味しい食べ方を準備して食べてると、隣に大学生みたいな3人組が座りました。

最初は気にしてなかったのですが、何故か何も注文せずに席を立ったのです。

 

そして僕の自意識過剰モードは発動です。

 

「あれ?もしかしてニンニク臭すぎていなくなってるのか?」

「ニオイがきつくていなくなったのか?」

 

と、思ったのです。

こうやって月に一度は周りの目が気になる日がくるのですが、僕は「あの日」って呼んでます。

 

それからはヤバイです。

向かいの席に女の子が3人座っています。顔は敷居があって見えないです。

音楽をイヤホンで聞いていたので何を話しているかわかりませんが、笑っています。

 

多分普通に友達同士で話して楽しいから笑っているのでしょうが、この時の僕は、

「僕のニンニクを入れてる量を見て笑われてるのか?」

と、死ぬほど気になりだします。

 

もうチーズハンバーグの味がわからないです。

とにかく早く食べてここを出て家に帰りたい・・・

そんな気持ちでいっぱいでした。

 

そしてやっと食べて外に出て家に帰ろうとしますが、さっきの女の子の光景が忘れられません。

そして渋谷センター街を歩いていると50メートルくらい先を僕の進行方向とは逆に進んでいる女の子が急に口を塞ぎました。

 

「いやいやいやいやそれはない!!」

 

さすがにそこまでニオイが届くとは思えません。

でも女の子は確かに口を塞いだのです。

 

もうメンタルはボロボロで歩いて帰る気にはなれずにタクシーに乗って帰りました。

 

僕を客観的に見てどうですか?w

この話は本当に忘れられない思い出になっているのですが、この時の僕をみてどうですか?

自分で書いてても思いますが、最初の大学生3人もたまたま席が変わったとか、別の店に変えたとかだと思うし、女の子3人もきっと友達同士で話して笑っているだけです。

 

僕が気にしているだけなのですよ基本的に。

 

帰りの女の子なんか特にそうですよね。

50メートルくらい離れていたので、絶対にニオイが届いているわけがないんですよ。

本当にたまたま口に手を当てただけでしょう。きっとねw

 

これらは全て自分が気にしてしまっているだけです。

誰も僕を見ていませんし、あなたのことも見ていないです。

 

安心してくださいw

 

最後に

どうでしたか?他人の話を聞くと気づけると思います。

 

「あ、僕の自意識だ!」

という具合に。

 

他人はそこまであなたを見ていません。

それは僕も同じで僕も誰にも見られていません。

後は自信をつけるだけです。

 

環境を変えてどんどん自信をつけていきましょう。

成功体験を積むのも大事ですからね。

環境を変えて成功体験を積んでください。

 

周りの目が気にならなくなったら後はブログを始めるだけですね。

こちらで準備について解説しています。

 

こちらで動画解説もしているので聞いてくださいね。

 

それでは以上です。

 

では

漫画の続きを見る方はこちらをクリック =========================================
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA