コピーライティング

コピーライティングの基礎である3つのNotを初心者にわかりやすく解説

どうも、光成です。

 

メルマガやブログの記事を書く時に、
実は僕ら書き手は絶対に突破しないといけないやつがあります。

それが”3つのNot”というやつです。

コピーライティングの世界で言われる、
3つのNotという言葉を知っていますか?

3つのNotとは商品を販売する際に見込み客に商品を買ってもらう為に、
超えなければ行けない壁でして、、、

要は反り立つ壁です。

その3つの壁とは、

  1. Not Read(読まない)
  2. Not Believe(信じない) 
  3. Not Act(行動しない)

この3つになります。

 

今日はこの3つのNotを、
初心者にもわかりやすく説明するのと、
どうやって壁を超えていくのか?

そんな話をしていきます。

これから情報発信ビジネスをする上でも、
コピーライティングは必須なのでしっかりと知って貰えれば。

 

特にメルマガとかやっている人は、
この3つのNotを超える事ができたら商品が売れますよ。

バカ売れします。

 

あ、ちょっとニヤつきました?。

じゃあ早速行きましょう。

 

何故3つのNotを超える必要があるのか?

そもそも何故3つのNotを、
超えなければ行けないのかって話になりますよね。

これから情報発信ビジネスを始めて、
独自のコンテンツ販売やアフィリエイトを始めると思うのですが、
始める理由は情報発信ビジネスで稼ぎたいからだと思います。

むしろそれ以外に理由はないでしょう。

 

ただ、これから稼ぎたいと思っている時に、

3つのNotを超えなければ商品が売れない

というわけです。

 

だから3つのNotを超える必要がありまして、
簡単に言ったら見込み客に3つのNotを超えてもらわなければ、
あなたは稼げませんということです。

残酷です。

ただ、これは誰でも超えなければ行けない壁ですので、
安心してください。

 

あなたが販売する商品のレターを見込み客が読まなければ(Not Read)あなたの販売する商品の内容がどれだけ良質でも信じないです(Not Believe)

つまり最後に決済ボタンを押してお金を払ってくれないのです(Not Act)

だからこれからあなたが稼ぐには3つのNotを超えてもらう必要があります。

 

様々なコピーライティングの技術は、
3つのNotを超えるためのテクニックでしかないですので、
だから3つのNotを知っておく必要があります。

逆にこれを知っておけば、
商品が売れない時に3つのNotで、
何処が良くないのか自分でわかるようになりますね。

 

ちなみに、メルマガやブログなどだとNot Openというものもあります。

Not Openはブログなら記事を開かない、
メルマガならメールを開かないということです。

4つのNotと言われることもありますね。

 

3つのNotとはどんな状態か?

じゃあ3つのNotとはまず見込み客がどんな状態なのか?

この部分をしっかり知る必要がありますし、
この部分を知らないとどうすればいいのかわかりません。

なので各Notの見込み客の状態を解説します。

逆に各Notの状態を知っておけば、
改善策を自分で練ることが出来ます。

 

Not Readの状態とは

NotReadの状態とは見込み客は、
あなたの書いたセールスレターやブログ、
メルマガをそもそも読まないという状態で、

そこにあるのは知っているのです。
そして一応開きはするのです。

でも見込み客にとって「これは読まないでいいや。」と思ってしまっているから、
文章をそもそも読んでもらえない悲しい状態です。

 

あなたも開いてみたけど、
読まないものはありませんか?

ブログを見つけて記事を読んでみようと開いたけども、
冒頭を読んで「これはいいや」ってなり読まなくなる現象。

これがNotReadの状態です。

切ないやつですね。

 

どれだけ面白い文章や役に立つ情報を、
出していても読まれなければ意味がないです。

読まれなければあなたのことを知っても貰えないし、
知ってもらえないなら稼ぐことも出来ません。

キツイ言い方をすれば「読者があなたに興味ない」って状態です。

興味があれば読みますから。
無いから読まないのです。

悲しくて切ない状況ですね。

 

Not Believeの状態

Not Believeの状態とはあなたのブログやメルマガ、
セールスレターを見ても信じないという状態です。

例えばあなたがモテる方法を発信していたとします。

モテるためには○○が大事ですみたいに言っていたとして、
それを信じてもらえなかったらあなたの商品は売れないという。

 

何故ならモテる方法を信じていないのではなく、あなたを信じていないから。

 

だからあなたを信じてもらう、
商品を信じてもらう必要があって、何故なら、
見込み客は「騙されたらどうしよう」という状態なのです。

あなたがどんだけいい人でもね。
それは会ったことのない読者には伝わりません。

 

なのであなたの言うことを、
信じてもらわないといけないです。

 

Not Actの状態

あなたのことを信じてくれても、
見込み客は最後の決済で行動できないことがあります。

これは有名なコピーライターの木坂健宣さんが言っていたのですが、
「決済ページまで行って決済しない人は沢山いる」と言っています。

 

それだけ見込み客は行動する、
あなたの商品を購入することに対してメンタルブロックがかかっていたり、
お金を払うことに対するハードルが高いわけです。

見込み客が1番心理的負荷がかかる場面と、
言ってもいいくらいですね。

 

経験したことのある人ならわかると思いますが、
最後の決済する画面をクリックするのは、
中々気が引けます。

クリックしても、

「どうしようかな〜失敗するかな?」

って思ってしまいがちですから。

 

とてもハードルが高いです。

 

3つのNotを超えるには?

3つのNotを超えるのはどうすればいいか?
それぞれのNotをどう超えていけばいいのかを解説します。

 

Not Readを超える方法

Not Readを超えるにはブログやメルマガ、
セールスレターを開く時に1番最初に目に入るヘッドコピーがとても重要。

本当に重要で、この部分で結構決まると言っても、
過言ではないくらいかと。

ヘッドコピーとは1番最初に目につく部分です。

怪しい文言出てくるやつ見たことないですか?

 

「1日5分の作業で稼げる!!」

 

みたいなやつです。

ちなみに1日5分で稼ぐ方法は、
絶対にないので買わないでいいですからね。

わかりづらいかもしれないので画像で説明しますね。

こういうの見たことないですか?

この部分がヘッドコピーです。
ぶっちゃけコレ見て僕は少し気になりました。

”文章で売る魔力”って言葉がとても強烈なので、
「え?気になる!」って気持ちにさせられますよね。

 

僕はちょっと今気になっています。

でも買いません。

もし、最初にコピーライティングを勉強するなら、
「ネットビジネス大百科」って教材がオススメなので買ってみてください。

このヘッドコピーの強烈な言葉で、
見込み客に興味を持ってもらうことがとても大切です。

 

またセールスレターを開いた時は何処を読みますか?
恐らくあなたも僕も読む所って最初と最後だと思います。

最初にヘッドコピーを見たら最後まで画面をスクロールさせて飛ぶと思います。

なので最後の部分も読んでもらうためにとても大切なのです。

 

そこで使えるのは追伸ですね。

追伸で短い文章の中に見込み客が「お!コレは!」と思うようなことを書いてあれば、
見込み客はあなたの文章を読んでくれるはずです。

 

また追伸には”前を読ませる”という効果があります。

 

例えば全額返金を用意しているとして、
追伸に書いていないとしたら、
読者は1番下までスクロールしても、
全額返金があることを知りません。

しかし追伸に全額返金について書いてあったら、
読者は「え?全額返金あるの?」となり、
前の文章を読みます。

そのために追伸が大事になります。

 

そして次に大事なのが”サブヘッド”と呼ばれる部分です。

別の言い方をすれば”見出し”になります。

セールスレターを上から下まで、
ちゃんと読む人は基本的にはいません。

しかし、流し読みしながら目に入る部分は読みます。

つまり流し読みしながら目に入るサブヘッドが重要なのです。

 

そして最後に大事な部分は”ブレット”と呼ばれる部分です。

ブレットとはセールスレターの中に、
商品の内容を説明している部分になります。

✔〜〜〜〜〜〜〜

✔〜〜〜〜〜〜〜

✔〜〜〜〜〜〜〜

こういった物を見たことはあると思います。

これがブレットになります。

  1. ヘッドコピー
  2. 追伸
  3. サブヘッド
  4. ブレット

これらを読者が流し読みする時に、
フックになるような文言を入れるのが大切です。

流し読みしている読者にフックになるワードが入っていれば、
読者は段々とセールスレターを読むようになります。

これらがとても重要です。

まずは”読ませること”が大切ですね。

 

Not Believeを超える方法

Not Believeは見込み客に信じてもらえていない状態です。

なので信じてもらう必要があるのですが、
どうやって信じてもらうか?

 

そこで、まずは強烈な共感を得てもらわないといけません。

共感はとても大切で、
あなたも色々な人の発信を見ていると思いますが、
共感出来ない人の商品は買おうと思わないと思います。

共感出来ないから信用できないですよね。

 

例を出すと、

 

ちなみに、僕は生の玉ねぎが嫌いです。生の玉ねぎって辛いからマズくないですか?

 

・・・・多分僕と同じように生の玉ねぎが嫌いな人は
「わかる〜」って首を縦に振っていると思います。

少し例が雑ですけども共感とはこんな感じです。

 

強烈な共感を得てもらうためにはコンセプトメイキングがとても重要です。

コンセプトメイキングは一言で言ったら理念でして、
あなたはどんな理想の人生を目指しているのか?
理想の人生に到達するために必要なものは何か?

そこに共感してもらえないと信じてもらえないのです。

コンセプトメイキングに関してはこちらの記事を見てください。

情報発信ビジネスにおいてコンセプトが鬼重要すぎるので考え方を教えます

人は理論や理屈ではなく”何故”の部分に動かされます。

  • 何故この価格なのか?
  • 何故この商品を販売するのか?
  • 何故あなたから買うのか?

などになります。

 

何故に答えられないとこうなります。

見込み客「何故10万円なんですか?」

販売者「え?えっと・・・なんとなく」

というやりとりがあったとしてどうですか?

 

販売者はただ売りたいだけのニュアンスがあるので、
怪しさが一気に倍増します。

見込み客は納得しないと商品を買いません。

そのためにコンセプトメイキングを語りつつ、
全ての何故に答えられる必要があります。

 

しっかり答えられることで、

「あ〜なるほど」

と納得して共感してもらえるのです。

 

と、有効なのが商品を買ったことで変わった購入者の声です。

セールスレターとかだと購入者の声とかが入っていることはないですか?

購入者の声

○○さんの教材を買ってめちゃくちゃモテるようになりました。本当に人生が変わったので購入してよかったと思っています。

こんな感じのやつですね。

これを”テストモニュアル”と言います。

死ぬほど極端に表現したのでピンと来ないかもしれませんが、
実践者の声はとても重要です。

実践した人の声がある教材と無い教材では信頼性が雲泥の差です。

で、皆がオススメですと言われると、
信じてしまうのが”バンドワゴン効果”というやつです。

要は「皆がやっていることは自分もやってしまう」ということです。

 

昔で言ったら「携帯皆持っているから自分も欲しい」とか、

「ポケモン新しいヤツ出て皆持ってるから欲しい」とか、

「たまごっち皆持っているから欲しい」みたいなやつ。

皆が持っているから自分も欲しいという、
人間の習性ですね。

 

人は何処かのグループに必ず所属していて、
そこに帰る、一緒に行動するという習性があって、

見込み客が入りたいグループと思っていたら、
一緒にその人達のようになりたいと思うのですよね。

共感とバンドワゴン効果などを使い、
信用してもらうのが大事です。

 

信用してもらうのはこれらのテクニックも大事ですが、
僕が1番大切だと思っているのが感情を動かすということです。

その為に大切なのが”物語”

この商品を販売することに至った自分の熱い想いを物語で伝えて、
見込み客の感情を動かしましょう。

背景や物語が重要です。

  1. コンセプト(共感)
  2. テストモニュアル
  3. 感情を動かす物語

これらがとても重要になりますね。

ストーリを語る上で欠かせない、
ストーリーライティングの記事貼っておきます。

ブログで面白いと思われる文章の書き方!ストーリーライティング!

Not Actの壁を超える方法

Not Actを超えるためにはベネフィットが大切です。

ベネフィットとは別の言い方をすれば利益です。

例えば、

あなたが毎日寝ている枕には沢山のダニの死骸と糞が溜まっています。枕の重さの3分の1はダニの死骸と糞による重さなのは知っていますか?そこにあなたは頭を埋めて寝ているのです。どうですか?この薬を使えばダニを全て抹消出来ます。

こんな感じです。

ちなみに超汚くてすみません。

ただ、あなたは想像して自分の枕を確認したのではないでしょうか?
枕を持ち上げませんでしたか?

すごく不快な気持ちになってしまったと思います。(ページを閉じないで。)

 

その不快感を解消する利益を提示してあげるのがベネフィットで、
この商品を購入することで、
こんな未来があなたには待っています。

月収20万の未来が待っています。
自由な生活を送れるようになります。

みたいな感じです。

超適当に並べましたが。

 

人はものを買う時に必ず未来を見てものを買います。

なので逆を言えば、

「未来を見せてあげないと買わない」

ということ。

それがベネフィットです。

しっかりあなたの商品を購入することによる、
未来を見せてあげるのが重要。

 

不快感の話をすると”恐怖”を利用するのはとても有効でして、
行動しないことで起こりうる恐怖を提示すると、
人間は防衛反応を取ります。

それが行動させることに繋がるのです。

恐怖を活用するととても有効ですが、
恐怖を与えすぎると逆効果なので気をつけてください。

 

で、最後に1番大事なのが”自信”になります。

その自信を表す1つの方法として”全額返金”ですね。

全額返金すると言っていたらどう思いますか?
販売者に対して教材に自信があるのだなと思いませんか?

 

自信がなければ全額返金は絶対に出来ないじゃないですか?
後は詐欺でも出来ないですよね。

でも全額返金が出来るくらい自信があるなら、
商品の中身は本当にいいものなのかもしれないと思いませんか?

その自信がとっても大事。

 

この商品を購入したら、見込み客は絶対に変われる。

その自信をガッツリ前に出しましょう。

  1. ベネフィット(利益)
  2. 恐怖
  3. 自信を見せる(全額返金など)

最後に行動してもらう、
Not Actの壁を超えてもらう為には、
しっかりと行動して貰うようにこの3つが大事です。

 

おまけですが、行動してもらうために、
しっかりと何をするべきか誘導してあげましょう。

「商品を買うにはこちらをクリック」

という感じです。

 

それが無いと読者は商品を買う行動を起こしません。

何をすればいいかわからないからです。

しっかりとやるべきことを提示してあげて、
Not Actの壁を超えましょう。

 

最後に

3つのNotについてと超える方法を解説しました。

これはセールスレターだけでなく、
無料の商品でもとても大切な能力です。

 

例えばメルマガですね。

メルマガは基本的に無料で公開している人が多いと思いますが、
登録することによるメリットを感じなければ登録しませんよね。

と、共感もしなければ登録しないと思います。

全ての文章にコピーライティングは、
重要ですので参考にしてくださいね。

 

ちなみに僕のメルマガは、
普通にめっちゃ勉強になるので参加してくださいね。
(自分で言いますが結構自信あります。)

これだとベネフィットは弱めですが、よろしくです。

 

もし、コピーライティングを勉強したいなら、
ネットビジネス大百科を持っていればとりあえず問題ありません。

ネットビジネス大百科は絶対に持っていたほうがいい教材なので持っておいてください。

死ぬほど安いのでノーダメージです。

ネットビジネス大百科詳細はこちら

 

ブログの記事をリライトしたり整えたりする必要ってありますが、
なんかめんどくさいな〜って思いガチの人にオススメの記事↓↓

ブログのコンテンツ作成は美容室行くのと一緒!誰でも最初はハゲのクリリン

それでは以上です。

 

では

メールアドレスだけで参加出来ます。

 ※厳正な管理によって第三者への漏洩はありません。安心して参加してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


楽笑メルマガコミュニティ運営中

最近の記事

YouTubeビジネスチャンネル

YouTubeで色々とビジネスのことを発信しています。

チャンネル登録お願いします。

  1. ブログ集客方法

    ブログへのアクセスを増やす為に集客している方法を全て公開します
  2. 働き方、人生を考える系

    ドリームキラーが破滅を引き寄せる!?今すぐ会社の給料以外の収入源を確保するべき
  3. マインドセット

    ネットビジネスにセンスや才能は1ミリも必要ないので安心してください
  4. ブログ集客方法

    僕がSNSで集客の為に使っている情報発信媒体を紹介!ツールは何でも使え!!
  5. ワードプレス関連

    ワードプレスで記事下へ定型文を入れることが出来るプラグインの設定方法
PAGE TOP